Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
3−1 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
3−2 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説2
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
3−3 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説3
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
3−4 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説4
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
−−−−−−−−−−2009.08.28に続く−−−−−−−−−−−−−

3−5 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説5

 2009.08.19投稿記事段落に番号を付け、赤字に修正した言葉の意味について、解説・コメントしていきます。

─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上

 EMと建築物と何の関係があるの、最初は皆そう思うはずです。鉄骨とコンクリートで造られる構造物が多いのは皆さん御存知です。

 コンクリートは水を大量に使用して造ります。通常の水には、様々な化学物質が溶け、イオン化されています。酸素も溶けています。ですから、鉄骨はコンクリート内部で次第に酸化し、錆が鉄骨の強度を低下させていきます。コンクリート自体も水に含まれていた化学物質が作用して、次第に劣化していきます。

 コンクリートをこねるための水にEMを少量混ぜると、EMのもつ強い抗酸化力はコンクリートの水全体に伝染し、そのまま固まりますから、鉄骨は酸化せず、コンクリートも劣化しないという効果が得られます。これを広く応用するならば、様々な構造物の耐用年数が飛躍的に伸び、また安全性が長期間維持される、そうすると立て替え修理の費用が激減し、社会コストを大幅に減らせることになります。

 ここでも政官業の癒着、鉄のトライアングルという自民党長期政権の弊害があります。EM技術にはこんなに優れた機能があるのに、世は認めない、何故か、簡単です。耐用年数が数倍に延びれば、業者の仕事は数分の一、政治家へのリターンも数分の一、官僚達の仕事も数分の一になるからです。

◆ 内断熱工法と外断熱工法

 余談ですが、家屋の内断熱工法と、外断熱工法というものがあることを皆さん御存知ですか。欧米は外断熱工法であり、法律で義務づけられ、違反すると免許取り消しになります。日本はずっと昔から内断熱工法です。戦後間もない時期に、欧米の外断熱工法の調査が行われ、日本への導入が検討されましたが、うやむやになりました。

 結論を言いますと、外断熱工法は冷暖房費が1/10になり、壁の内部で結露せず、従ってカビが生えず、壁と室内の温度が同じになります。そのために極めて快適、さらに建物の構造物の寿命が飛躍的に延びます。しかし、日本では採用しておりません。省エネの効果は莫大、健康に極めて良い、建物の寿命が3倍になる、建物の解体による大量のゴミは1/3、庶民の高いローン負担は1/3になる、そうハッキリと分かっているのにです。

 10年ほど前に、外断熱工法と内断熱工法に関する、ある著書が切っ掛けとなり、次第にこの工法を採用する工務店が現れてきましたが、従来の建築工法と大きく異なるため、まだ余り採用されていません。また、家を建てる人の基本的な意識がないのも大きな原因です。しかし、法律で義務づけをしていない、規格化されていない点が最大の行政の誤りであり、怠慢だと言えます。

◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄

 日本国民は、政官業の癒着、鉄のトライアングルの中で洗脳され、飼い慣らされています。読者には、この事実に気づいて欲しい、私は真にそう思います。20年前、ある市民運動を通じ、またある一連の本を読み、生活の中に、目に見えない皆が気がつかない、「大いなる無駄」があることを知りました。今も延々と続いています。それらが改善されるなら生活費は大幅に下がり、日本は世界一豊かで快適な国になります。

 本日、民主党政権が誕生する事が決定しました。私はこの政権交代を待ち続けて20年ぐらいになります。自民党政権の理念は、生産者側に軸足があるという点です。民主党の理念は、生活者に軸足を置くという点です。ここが大きく異なります。すなわち、これからは行き過ぎた生産者保護政策ではなく、生活者・消費者と生産者のバランスを取った政策へと転換していくはずであり、その結果、劇的な変化が訪れます。

 日本が抱えている莫大な借金、医療や年金、介護、地方分権、景気の回復、どれをとっても困難が山積みされています。しかし、今まで壮大な無駄を重ねてきたのですから、これを正していくのは、宝の山発掘みたいなものです。国家財政の破綻は避けられないでしょうが、国民もようやく目を覚ましたわけであり、時間は掛かりますが、世界一理想的な国家に生まれ変わっていくでしょう。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:38 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/97
トラックバック