Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
◆ 個の悟りと全体の悟り

◆ 個の悟りと全体の悟り

 本日は読者の方からコメントいただきましたが、長くなるため本文でお答えします。誠に申し訳ありませんが、そういうわけでEM技術の話を中断することにします。

−−−−−−−−−−
 soninさん、HPの御紹介ありがとうございます。

 御紹介いただいたHPの概要を先ほど拝見しました。soninさんが私にお薦めだととおっしゃるからには、soninさんは、この方とこの方の霊魂学あるいは心霊学に傾倒され、また学ばれているのだと思います。

 一方、soninさんが自己紹介されたとき、《《《私は修行者です。(世間一般の修行団体の危険性は熟知しております)》》》とコメントいただきました。誤解を恐れず勝手な解釈をするならば、この方の霊魂学なるものに、貴方は100%心をゆだねているのではないと推測されます。また、私のこのブログやHPを覗かれるのも、心のどこかに、まだ満たされないものがあるのではないかと私は思います。

 私は、御紹介いただいたHPを資料として参照するかも知れませんが、残念ながらそれ以上の事は無いと思います。ただし、私を含めて精神世界に対して色々な方が取り組まれており、一部の例外を除けば、それぞれ特色があり良い点を皆持っていると私は思います。

 霊能力に対する関心が無いと言いながら実は多くの人が感心を持っています。しかし、真の霊能力の何たるかを多くの人は知りません。真の霊能力を持つ《大天使》が何人もこの日本におられるという事実を知っている人が非常に少ない事がそれを証明しています。

 ようするに霊格が大きすぎて正しく評価できる人が少ないのです。てすから、気がつくこともできないのです。私はその方達の書籍その他から様々なことを学びました。その存在そのものが神の慈悲であり、私の希望の光そのものです。真の霊能力を持っている人は、めったなことではそれを表に出すことはありません。

 霊界だけでなく人類誕生の歴史、宇宙の成り立ち、神について学ぶべき沢山の資料や本が現存しています。私は、何度も読んだ本を今でも読み返し、常に新しい発見や考えるヒントを得ています。ただし、それらが宝の山であることに気づく人がどれほど居られるか疑問です。

 私の単なる推測で申し訳ありませんが、soninさんが《何か物足りない部分》があると思われているとすれば、こういう事では無いかと思います。悟りには《個の悟り》と《全体の悟り》というものがあります。個の悟りとは、個人の心の修行を指します。全体の悟りとは、宇宙の中の自己という存在を知ることと言ってもいいと思いますが、人類誕生の歴史から、神、地獄、天国、天使達、ようするに目に見えない世界の概要を知った上で、個人の生き方、生きる意味を知り、また神の心を知る、そういう事を指します。

 個の悟りでは、清く正しく生きよ、という目標だけでも良いのです。また釈迦の八正道もあるでしょう。色々な取り組み方があり、それについてはその人が欲するままに学べば良いでしょう。キリスト教、仏教でも何でも良いのです。現れ方は異なっても、皆もとをたどれば、地球の神を源として発せられた神理、一筋の流れであることに変わりはないからです。しかし、高い山もあれば低い山もある、玉石混交の世界であることもまた事実です。

 個人の心の修行はこれで終わりという終着点はありません。永遠に続きます。しかし、それだけでは物足りない、それは、何のために修行するのかという大事な点が分からないからです。そうしていろいろと考えていくと、全体の悟りも同時に学んでいかないと、個の修行は停滞するという事が分かってきます。

 神の心を少しでも多く知りたいという気持ちが出てくるのは、個の追求からだけではなかなか分からない、悟れないからです。神の心が分からないと、正しさという基準が分かりません。現代は、多くの情報が氾濫し、個人の価値観も大きく異なり、社会が複雑なだけに、《何が正しいか》という判断が非常に難しくなっています。

 人間社会に完全な白と黒はめったにありません。大抵が灰色です。しかし、その灰色の中で神の方角、すなわち理想という方角を見極める事が大切です。その方角は、明けの明星というコンパスがあって初めて知ることができます。コンパスとは、神の方角、神の心、神の叡智の事です。

 《個の悟り》と《全体の悟り》とは、二人三脚に例えられ、停滞することなく修行を続けていくためには大事な考え方なのです。

 soninさんのお気持ちは大変うれしく思います。これからも、何でもコメントしてください。


ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

 

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 悟りについて | 09:19 | comments(1) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:19 | - | - |-
わかりました。方法は異なりますが、これからもよろしくお願いします。
| sonin | 2009/08/05 12:52 PM |









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/89
トラックバック