Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
私の心の旅/己心の魔1

◆ 2−15 仕事場と己心の魔1

 秩序の構築というテーマで、タイムカードの話、洗濯機の話、自転車の話、掃除の話、経理の話などをしてきました。これを心の問題として捉えて、《己心の魔》との関連という視点から考えてみましょう。まず、

 仝平瓦遼發箸浪燭

 読んで字のごとく、自分の心の中に住む悪魔の事です。人にはそれぞれ己心の魔というものを養っています。では、貴方は性悪説なのかと言われると、そうではありません。私は、性善説の立場ですが、人間であるならば《己心の魔》はあらゆる人に住む、と申し上げています。

 しかし、魔が実際に住みついているという話ではなく、心の作用として確実に存在しているという事です(ただし、真の魔が実際に住み着いている人も、あるいは良く出入りする人も実際におられますが)。では心の作用とは何か。肉体を持つことが原因で起きる心の作用であり、迷いとも言えます。過去が封印されて、自我が成長すると同時に育ってきます。

 肉体を持つことで基本的な本能が備わります。食欲、睡眠欲、性欲、更に自己保存欲や自己顕示欲、そして支配欲や権力欲など、一口に欲といってもいろいろな表現がありますが、基本的には、自分を守りたい、自分を満たしたい、という性格のものだと思います。

 個体の生存、種の生存のために必要なものとして神が備えたものですから、本来、それらの欲自体は善でも悪でもないのです。しかし動物と異なり、自我、想像力、感情が豊かな人間であるがために、被害妄想、猜疑心や嫉妬、ねたみや恨みを誘発し、欲望は際限なく拡大増殖されていくという《エネルギーと方向性》を持つことになります。

 ですから、《中道の教え》とか《足ることを知る教え》を物差しとして、自分の心の動きを観察し、その膨張に歯止めをかけ、適度なバランスをとることが大切です。心のコントロールですね。ところが客観的に自分の心を観ることができないとき、欲望は様々な妄想と共に発展し、あたかも別の人間が居るように話しかけてくる、つまり対話が始まります。それを己心の魔と呼んでいるわけです。

 不調和な暗い波動を発している時、その人の心は《魔の心》と同じ心になっているということです。これは、真我と偽我のテーマのところで述べましたが、真我も偽我も貴方自身であり、それは交互に入れ替わることができる、そういう話をしました。

 これと全く同じです。偽我と己心の魔とはどういう関係があるか、大いに重なると思います。しかし、本題からそれますので、その検証は別の機会にしますが、一念三千といって、人の心は瞬時に魔の心となったり、天使の心となったりすることができるということです。それが互いに対話をするようになり、魔の心が全体を支配したとき、何が起きるでしょうか。

 いわゆる《出来心》ですね。《魔が差す》という言葉もあります。そこまで行くと、背後に本当に魔が近寄っている場合が多いと思いますが。人間であるならば、《己心の魔》は大なり小なり誰にもある、そう申し上げました。

 このブログを読むような方は、調和ということに対して意識が高い方ばかりですから、己心の魔が頭を持ち上げた瞬間に、あっ、出てきたな、と分かると思います。しかし、そういう方は社会の中ではごく少数です。

 では、社会や家庭を調和していくためにはこの出来心を如何に封じていくか、未然に防ぐか、別の言い方をすれば、その人を悪人にさせないか、それが様々なリーダーとして大切な仕事である事に気がつきます。

 会社創立以来、様々な経験を通して、私がたどり着いた結論を次回に整理してみようと思います。

続く


ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
   (表示されるまで、まだ数日かかりますが)
                ↓
 http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 心と脳 http://www.the-seven-seals.jp/mindworld/mindindex.htm
    霊と魂 http://www.the-seven-seals.jp/spiritworld/spiritindex.htm

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 人生 | 11:14 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:14 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/39
トラックバック