Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
霊的な罪とは何か5

◆ 1−7 霊的な罪とは何か/マタイ【25-29】「持っている人」の意味

マタイ【25-29】 おおよそ、持っている人は与えられて、いよいよ豊かになるが、持っていない人は、持っているものまでも取り上げられるであろう。

  これは、どういう意味でしょうか。先の、三人の僕(しもべ)とご主人様のたとえ話の結論として、神が述べられた言葉ですから、大事な教訓・神理が書いてあります。

 前回までの私の説明の中で、神は人間に何を期待し、何を望んでおられるのか、そういう説明をしました。簡単に言えば、魂の成長です。魂の成長は、自ら獲得するものであり、本来、神や人から与えられるものではありません。

 では、新しい環境で、時代を超えて様々な経験を積む上で、何が必要でしょうか。人は、自らの肉体を傷つけたり、病になったりすることを恐れます。同様に、自分の心が傷つけられることを恐れます。

 また、神を信じる方は、神を恐れる余り、自分を小さく小さくしようと、また善人であろうとします。しかし、与える愛を実践し、人を活かそうとすれば、時には厳しく見えることをしなくてはなりません。例えば、子供がアイスを欲しがる、チョコを欲しがる時、親は欲しがるままにあげるでしょうか。

 皆さんも経験があると思います。時には、我慢しなさい、と教えるでしょう。愛とは、だだ単に与えるだけでは、その人を駄目にしてしまうのです。その人の心が成長するように、適宜に必要な時に必要なだけ与えていくのが、真の与える愛です。時には、子供が転んで怪我をし、泣き叫んでも、自ら立ち上がるまで、勇気を持って温かく見守るのが、親であり神であります。

 また、この世は善悪が明瞭に見える世界ではありません。そして、善でも悪でもないものが沢山あります。善になるか、悪になるか、その人次第である、そういうものも多いのです。お金の使い方などはその一例です。

 皆さんの生活の中で、善か悪か判断できない、またそうして良いのか、良くないのか、右へ行けばいいのか、左へ行くのが良いのか、選択肢が三つもあると、さてさて考え込むことが多いのが、私達が生きている世界です。

 その中で、常に何かの選択をし、成果を得ていかなくてはなりません。その選択の連続の中で様々な判断をしなくてはなりません。この時、失敗を恐れて易しい選択(妥協)をするか、失敗を恐れず難しい選択(理想を追求)をするか、その選択はその人の心を試すことになります。

 困難であればあるほど失敗の可能性が高くなり、また苦しみを味わうことになります。しかしその困難な道は智慧を獲得する大きな切っ掛けとなるものです。人生の大事な問題であればあるほど、失敗や苦しみを恐れない勇気が必要です。

 自分の過ちや誤りを素直に認めない方がおられます。自分という魂の領域を侵されると勘違いし、その恐れの余り、認めようとしないのです。これも勇気の欠如ではないかと思います。過ちは過ちとして素直に認め、謝罪するのが真に自分の魂を育てる事になるのですが、その勇気が無く、結局は自らの魂を傷つけている事になります。

 何が言いたいかというと、魂の成長には勇気が必要なのです。失敗を恐れない、自分の肉体や心が傷つくことを恐れず、チャレンジする勇気です。人を育てるのも、自分を育てるのも同じです。魂の進化と成長のために、弱い善人ではなく、強い善人を目指すべきなのです。

 チャレンジして、仮に失敗したとしましょう。例えば、政治家は堕落する可能性の非常に高い職業ですが、それに挑戦し、生まれたとします。努力の甲斐あって、念願の政治家になって総理まで務めた。しかし、金まみれとなり、結果は地獄で呻吟することになった。

 しかし、地獄で深く反省し、首尾良く再び天国に戻れたとします。そして、また挑戦します。そして、地獄に堕ち、またはい上がります。そうやって、魂の足腰が強くなり、やがて堕落せずに優れた政治家となり、死後まっすぐに天国へ帰ることができるようになります。

 この世の半分の方が地獄へ行くという統計がありますが、精神世界に興味を持つ方は、もちろん、その可能性は低いでしょう。しかし、地獄へ堕ちる事を恐れている方は、貴方は危ないと言っておきます。

 最も、何も考えない人でも、墜ちる人は墜ちます。しかし、地獄行きを心配して「くよくよ」するような気の弱い人は、たとえ《何一つ悪いことをしなくても一番危ない》のです。自分自身の魂を傷つけることになるからです。

 積極的に自分を鍛え、魂の成長のためには失敗を恐れず、勇気を持ってチャレンジすることを神は喜ばれるのです。チャレンジの結果、地獄に堕ち、地獄で呻吟している様を神は観たとしても、慈悲の涙を流されつつ、我が子が再び天国の世界へ自らの力ではい上がってくるように願っておられるのです。

ヨハネの黙示録 [21-8]に、

『しかし、おくびょうな者、信じない者、忌むべき者、人殺し、姦淫を行う者、まじないをする者、偶像を拝む者、すべて偽りを言う者には、火と硫黄(いおう)の燃えている池が、彼らの受くべき報いである。これが第二の死である。』

 第一の死は肉体の死を意味し、第二の死は地獄に堕ちる事を意味します。その地獄に堕ちる者の筆頭に《おくびょうな者》と書かれているのです。これを理解するならば、

マタイ【25-29】は次のような意味になります。

マタイ【25-29】 おおよそ、チャレンジする勇気を持っている人は更に智慧を獲得して、いよいよ心が豊かになり魂が成長するが、チャレンジする勇気を持っていない人・臆病者は、今まで獲得した智慧までも失い、魂としては退化することになるだろう。

  自分の魂を自分で傷つけるということは、神から預かっている魂を傷つけ、神の願いに反する行為であるのです。神の子として、親不孝者というわけです。すなわち、神に対して大いなる罪である、これが私の結論です。

 以上が、霊的な罪の第二の説明です。



参考 心と脳 http://www.the-seven-seals.jp/mindworld/mindindex.htm
    霊と魂 http://www.the-seven-seals.jp/spiritworld/spiritindex.htm


posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | | 09:04 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:04 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/30
トラックバック