Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
第12章 太陽を着る女と龍/日本経済バブル

真説・ヨハネの黙示録』/現代に蘇った聖書の予言書

 注.やがて整理の上、出版する予定ですので、読者はコピー、または他への転用をしないように御願いします。

はじめに
1.NASAの警告 2.『ヨハネの黙示録』とは何か
3.拙書『七つの封印』(太陽出版・窪田光治著)における力点

4.『真説・ヨハネの黙示録』
第一部 御霊(みたま)/九次元大指導霊の言葉
第1章 人の子のような者/全知全能の神/九次元大指導霊
第2章 伝道者に対する警告と勝利を得る者[その一]
第3章 伝道者に対する警告と勝利を得る者[その二]
第4章 御座と水晶に似たガラスの海のようなもの
第5章 ほふられたと見える小羊   第6章 七つの封印のある巻物
第7章 生ける神の印を持つ天使 
第8章 七つのラッパ
第9章 ユウフラテス川の戦い      
第10章 小さな巻物
第11章 聖なる都の運命
第12章 太陽を着る女と龍
−−−−−−以下、解説付き物語編−−−−−

【12-15】へび(悪魔サタン)は女(日本)の後に水(悪想念のエネルギー)を川のように、口から吐き出して、女をおし流そうとした。すなわち、悪魔サタンは日本の経済を破局に至らせようと、国民の「おごった心」に甘くささやきかけてバブルを発生させた。そして今度は「ねたみの心」にささやきかけてバブルをはじけさせたのである。

 すなわち、バブル崩壊後の金融危機、そしてそれに続く2012年現在の国家財政破綻危機を暗示している。日本の指導者や多くの国民の傲慢になった「心のスキ」に霊的攻撃をかけて巧みに侵入した悪魔サタンは、欲望をあおってこの国に「バブル」を生じさせ、さらにこれを「はじけ」させて現在の苦境に追い込んだ。拙書「七つの封印」太陽出版 前編第五章「日本の経済危機」で詳述したので参照されたい。

 【12-16】しかし、地(大神霊地球意識)は女(日本)を助けた。すなわち、地はその口を開いて、龍(悪魔サタン)が口から吐き出した川(悪想念のエネルギー)を飲みほした。すなわち、大神霊地球意識は、深く反省し利害を超えて一致協力するに至った日本国民を救った。大神霊地球意識はその口を開いて、悪魔サタンが口からはき出した川のような悪想念エネルギーを飲みほしたのである。

 ここでいう《地》とは、この世とか地面という意味ではない。地球も月も太陽も、大いなる神霊が宿っている。特に、地球に宿る神霊は、地球を取り巻く全次元に住む霊的存在に、その生命エネルギーを供給し、人類を初めとして様々な生物を生かしていのである。

【12-17】龍(悪魔サタン)は、女(日本)に対して怒りを発し、女の残りの子ら、すなわち、神の戒めを守り、イエスのあかしを持っている者たちに対して、戦いをいどむために、出て行った。すなわち、悪魔サタンは、日本に対し怒り狂い、神の代理人・大いなる預言者とともに地上に生まれた多くの天使たち、すなわち、神の教えを守り、イエスが地上におられたときに教えを受けた者たちを堕落させようと、霊的攻撃をかけるために出ていった。

【12-18】そして、海の砂の上に立った。


続く


読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。

◆ 御参照下さい

『ヨハネの黙示録』の全文解読書
             −
『七つの封印』(太陽出版・窪田光治著)

神理の総合HP『七つの封印』

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | ヨハネの黙示録 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 11:32 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/288
トラックバック