Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
霊的な罪とは何か3

◆ 1−4 潜在意識、表面意識、魂、心は全て自分である

 前置きが長くなりましたが、ここで改めて、ある読者の御意見である《潜在意識(魂)より表面意識(心)にとらわれるのは、唯物主義的である》という説を思い出してください。

 1-1で魂と心の関係、1-2で潜在意識と表面意識、1-3でカルマ・業・原罪・個性について著者の説を説明してきました。ですから、著者の立場から言うと、上記の説は的を得ていないということになります。

 《潜在意識、表面意識、魂、心は全て自分である》ということがお分かりいただけたでしょうか。潜在意識における【魂の兄弟の部分】に対しては、この世にいる立場から考えると、自分では無いように見えますが、あの世に帰った後、新たな知識と経験を共有しますから、その時点で全員(全部が自分)の心の修正が最終的に行われるのです。

 ただし、元の世界へ、死後まっすぐに、直ちに帰れるかどうかは別であり、地獄に堕ちた場合は当分の間、難しいことになります。

 現在、《魂の兄弟の代表》として貴方が生まれているのであり、今世の貴重な時間を与えられている事になります。であるならば、天国の魂の兄弟達が、貴方に対しての念い、期待、希望はいかばかりか、そこに貴方は念いが向かうはずであり、天国の魂の兄弟の心を思えば、身が引き締まるほどの責任を貴方はお感じになるはずだと私は思います。

 次に生まれ変わる予定の守護霊となっている魂の兄弟は、貴方を霊的に指導する立場にあり、その方の念いが貴方に通じず、生まれるときの約束《神の契約》を忘れている貴方を観て、また間違った方向に行っている貴方を観たならば、守護霊は自らの指導の至らなさを嘆かれると同時に、貴方に涙されるであろう、と思います。

 次に、投稿された読者のメインテーマである《霊的な罪》について考えてみましょう。以上の説明から、賢明な読者には既にお分かりと思います。しかし、更に高次元の意識、神の心を鑑みて考えたいと思います。

続く

次回以降の予定
◆ 1−5 霊的な罪とは何か/自ら魂の成長のための努力をしたか
◆ 1−6 霊的な罪とは何か/マタイ【25-14】3人の僕(しもべ)の真意
◆ 1−7 霊的な罪とは何か/マタイ【25-29】「持っている人」の意味


1−7で読者の御意見に対する私の説明を終える予定でいます。その後は、再び《私の心の旅》に戻ります。ご期待下さい。

参考 心と脳 http://www.the-seven-seals.jp/mindworld/mindindex.htm
    霊と魂 http://www.the-seven-seals.jp/spiritworld/spiritindex.htm

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:50 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/28
トラックバック