Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
第11章 聖なる都の運命/国連軍の役割

真説・ヨハネの黙示録』/現代に蘇った聖書の予言書

 注.やがて整理の上、出版する予定ですので、読者はコピー、または他への転用をしないように御願いします。

はじめに
1.NASAの警告
2.『ヨハネの黙示録』とは何か
3.拙書『七つの封印』(太陽出版・窪田光治著)における力点

4.『真説・ヨハネの黙示録』
第一部 御霊(みたま)/九次元大指導霊の言葉
第1章 人の子のような者/全知全能の神/九次元大指導霊
第2章 伝道者に対する警告と勝利を得る者[その一]
第3章 伝道者に対する警告と勝利を得る者[その二]
第4章 御座と水晶に似たガラスの海のようなもの
第5章 ほふられたと見える小羊   第6章 七つの封印のある巻物
第7章 生ける神の印を持つ天使 
第8章 七つのラッパ
第9章 ユウフラテス川の戦い      
第10章 小さな巻物
第11章 聖なる都の運命
−−−−−−以下、解説付き物語編−−−−−

【11-5】もし彼らに害を加えようとする者があれば、彼らの口から火が出て、その敵を滅ぼすであろう。もし彼らに害を加えようとする者があれば、その者はこのように殺されねばならない。

(《口から火が出て》多国籍軍または国連軍の武力行使を暗示する。)

【11-6】彼らに関する預言が為されている期間、彼らは、天を閉じて雨を降らせないようにする力を持っている。さらにまた、水を血に変え、何度でも思うままに、あらゆる災害で地を打つ力を持っている。

 (《水を血に変え》独裁者の核施設、あるいは化学兵器の施設から毒性物質が流れ出し、水源を汚染するなどの災害を暗示している。

 神は、国連軍または多国籍軍および、おそらくはユダヤの義勇軍に、一定の期間、強大な力を与えるであろう。しかしそれは一定の期間、すなわち《千二百六十日》(約三年半)である事から、神はある大きな役目を彼らに与えていることを暗示している。その役目とは何か、この黙示録が存在する理由、人類にとって大切な目的があるのである。)

【11-7】そして、彼らが予言通りその役目を終えると、底知れぬ所からのぼって来る獣、すなわちロシアに出現する独裁者が、彼らと戦って打ち勝ち、彼らを殺す。すなわち国連軍と義勇軍はこの戦いに敗れるのだ。

 (ここで暗示された獣がロシアに出現する独裁者かどうかは、後の記述によって暗示されている。

 「獣」とは独裁者を意味し、中東に出現する独裁者「A」と「B」、そしてロシアに出現する独裁者「C」の三人が出てくる。ここではロシアの独裁者を示しているが、ロシアと旧ソ連邦の同盟軍が多国籍軍(国連軍)と戦い、これを撃ち破るのである。

 この戦いの前に、【9-13〜21】に示されている「ユウフラテスの戦い」と、【16-12〜16】に示される「ハルマゲドンの戦い」がある。【11-6】の災害は神の力によって引き起こされるのであるが、【16-1〜16-11】においてさらに詳細な記述がある。この中東の戦いは「神のある考え」により、複雑にカモフラージュされているのである。詳しくは「七つの封印」太陽出版、第四章「中東で一大決戦」を参照されたい。)

続く

−−−−−−以下、物語編−−−−−

更に天使の声が続く

 もし彼らに害を加えようとする者があれば、彼らの口から火が出て、その敵を滅ぼすであろう。もし彼らに害を加えようとする者があれば、その者はこのように殺されねばならない。(《口から火が出て》多国籍軍または国連軍の武力行使を暗示する。)

 彼らに関する預言が為されている期間、彼らは、天を閉じて雨を降らせないようにする力を持っている。さらにまた、水を血に変え、何度でも思うままに、あらゆる災害で地を打つ力を持っている。

(《水を血に変え》独裁者の核施設、あるいは化学兵器の施設から毒性物質が流れ出し、水源を汚染するなどの災害を暗示している。

神は、国連軍または多国籍軍および、おそらくはユダヤの義勇軍に、一定の期間、強大な力を与えるであろう。しかしそれは一定の期間、すなわち《千二百六十日》(約三年半)である事から、神はある大きな役目を彼らに与えていることを暗示している。その役目とは何か、この黙示録が存在する理由、人類にとって大切な目的があるのである。)

 そして、彼らが予言通りその役目を終えると、底知れぬ所からのぼって来る獣、すなわちロシアに出現する独裁者が、彼らと戦って打ち勝ち、彼らを殺す。すなわち国連軍と義勇軍はこの戦いに敗れるのだ。

(この戦いの前に「ユウフラテスの戦い」があったが、後に映写される「ハルマゲドンの戦い」が続く。現代のヨハネは後に知ったのであるが、この中東の戦いは「神のある考え」により、複雑にカモフラージュされているらしい。)

続く

読者が増えることを願い、
クリックの御協力を御願いします。

◆ 御参照下さい

『ヨハネの黙示録』の全文解読書
             −
『七つの封印』(太陽出版・窪田光治著)

神理の総合HP『七つの封印』
 

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | ヨハネの黙示録 | 08:54 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:54 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/276
トラックバック