Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
第10章 小さな巻物

真説・ヨハネの黙示録』/現代に蘇った聖書の予言書

 注.やがて整理の上、出版する予定ですので、読者はコピー、または他への転用をしないように御願いします。

はじめに
1.NASAの警告
2.『ヨハネの黙示録』とは何か
3.拙書『七つの封印』(太陽出版・窪田光治著)における力点

4.『真説・ヨハネの黙示録』
第一部 御霊(みたま)/九次元大指導霊の言葉
第1章 人の子のような者/全知全能の神/九次元大指導霊
第2章 伝道者に対する警告と勝利を得る者[その一]
第3章 伝道者に対する警告と勝利を得る者[その二]
第4章 御座と水晶に似たガラスの海のようなもの
第5章 ほふられたと見える小羊
第6章 七つの封印のある巻物
第7章 生ける神の印を持つ天使
第8章 七つのラッパ
第9章 ユウフラテス川の戦い

−−−−−−2012.03.26に続く−−−−−

−−−−−−以下、解説付き物語編−−−−−

【9-20】これらの災害で殺されずに残った人々は、自分の手で造ったものについて、悔い改めようとせず、また悪霊のたぐいや、金、銀、銅、石、木で造られ、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を礼拝して、やめようともしなかった。神は偶像の崇拝を極度に嫌われる。偶像はただの石や金属であり、それを拝む行為には本来何の意味もないのであるが、そのようなものを拝みたい心のあり方に「落とし穴」があるからである。

  (この文章中の「偶像idols」が「中東」と「獣A・B」を結び付けるキーワードとなる。)

【9-21】また、彼らは、その犯した殺人や、まじないや、不品行や、盗みを悔い改めようとしなかった。

 【9-12〜21】は中東に出現する独裁者の軍隊と、イスラエルとこれに味方する多国籍軍(国連軍)の戦いの様子である。『七つの封印』(太陽出版・窪田光治著)第四章「中東で一大決戦」の項で詳述したので参照していただきたい。

第10章 小さな巻物

【10-1】わたしは、もうひとりの強大な天使が、雲に包まれて、天から降りて来るのを見た。その天使が持つエネルギーの大きさを顕すかのように、その頭に、にじをいただき、その顔は太陽のようで、その足は火の柱のようであった。

(ヨハネが見てこの様に見える方は、前述した「人の子のような」大指導霊に続いて二人目である。神に近い方ほどそのエネルギーは大きく、光り輝いて見えるのである。【1-13】参照。)

続く

−−−−−−以下、物語編−−−−−

 これらの災害で殺されずに残った人々は、自分の手で造ったものについて、悔い改めようとせず、また悪霊のたぐいや、金、銀、銅、石、木で造られ、見ることも聞くことも歩くこともできない偶像を礼拝して、やめようともしなかった。神は偶像の崇拝を極度に嫌われる。偶像はただの石や金属であり、それを拝む行為には本来何の意味もないのであるが、そのようなものを拝みたい心のあり方に「落とし穴」があるからである。

 また、彼らは、その犯した殺人や、まじないや、不品行や、盗みを悔い改めようとしなかった。

第10章 小さな巻物

 わたしは、もうひとりの強大な天使が、雲に包まれて、天から降りて来るのを見た。その天使が持つエネルギーの大きさを顕すかのように、その頭に、にじをいただき、その顔は太陽のようで、その足は火の柱のようであった。

 私ヨハネが見てこの様に見えた方は、前述した「人の子のような」大指導霊に続いて二人目である。神に近い方ほどそのエネルギーは大きく、光り輝いて見えるようである。

続く

読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。

◆ 御参照下さい

『ヨハネの黙示録』の全文解読書
             −
『七つの封印』(太陽出版・窪田光治著)
神理の総合HP『七つの封印』
 

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | ヨハネの黙示録 | 08:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:16 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/270
トラックバック