Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
Αヾ覿罰萋阿麓匆馘責任

大地動乱の時代  
 
はじめに
1.八ヶ岳南麓天文台の地震予報研究 1−1 福島付近と直感した理由
1−2 予報のメカニズム 1−3 実績と評価 1−4 研究のためのサポーター
2.大地動乱の時代
2−1 教訓 2−2 地震発生のメカニズムと巨大地震
 ー舁廚平霧三茲伴期性 ◆‘本海溝を震源とする今回の地震
 相模トラフ、駿河トラフ、南海トラフを震源とする地震
ぁ‘本沈没と予言書 2−3 首都直下型地震 
 。横粟さ末、既に活動期に入った ◆,修了、何が起きるか
 小説「東京大震災」 ぁ|が助けに来てくれるか
2−4 南関東大地震/神奈川西部地震・小田原地震
 \騎里焚甬遒竜録  ◆ヾに発生周期の平均値を10年以上越えている
2−5 連動する東海地震/東南海地震/南海地震
 ]動と周期的発生 ◆\敘している東海地震  連動の引き金は小田原地震
3.東日本大地震との比較/共通性と異なる特徴は何か
3−1 共通性 3−2 異なる特徴 3−3 何が予想されるか
3−4 浜岡原子炉/その時アメリカ軍が日本を再占領
4.世界的規模で大地動乱の時代
 .離好肇薀瀬爛垢陵集澄´◆.献絅札蝓璽里陵集澄´ ヨハネの黙示録
5.大地動乱の時代を生き抜くための私の防災対策
5−1 危機管理 5−2 地震に対する危機管理 5−3 危機管理は平時にすべきこと
5−4 企業の生命線
 ゝ霏臙録迷从は経営者の使命 ◆〃物の耐震性  設備・備品の固定
ぁ^羝諭身電機/燃料
◆ 破壊のメカニズム/重力加速度と共振 ◆ ライフライン復旧に要する時間
◆ 井戸 ◆ 発電機 ◆ 燃料 ァ“鯑饅蠅箸靴討硫饉辧工場
 
−−−−−−−−−−2011.07.11に続く−−−−−−−−−−

Αヾ覿罰萋阿麓匆馘責任

 人口密集地帯におけるライフラインの復旧は、相当な長期に渡ると推定されます。住宅地や商業地が優先されるでしょうから、工業地帯は最後になると思います。

 従って、耐震性のある社屋、備品と機械類の固定、井戸と発電機そして燃料の備蓄、これらは企業として存続するため必須条件であることは明白です。如何なる保険も非常時の支えにはなりません。ですから、企業自らこれらの対策をすべきだと考えます。

 企業活動を継続することは、従業員の雇用を守るというだけではなく、社会的責任でもあります。多くの企業体と自治体が、この様な対策をそれぞれの立場で実施したと仮定すると、被災した場合、その状況は一変するはずです。

 客先、仕入れ先が被災し機能不全になると、いわゆるサプライチェーンが至るところで切断され、経済活動が停止してしまいます。しかし、多くの企業が充分な対策をしてあったとしたら、どうでしょうか、その復興は何倍も早くなるのではないでしょうか。全企業がこういう対策をしていたなら、社員だけでなくどんなに多くの人々が助かるだろうか。

 また自治体や、公共施設にその備えがあれば、復興はものすごく早くなり、また平時でも人々の安心感は例えようもないものがあろうと思います。私は、どうしてそうしないのか、とても不思議に思います。景気対策として道路や橋を造ることを考えれば、その費用はわずかなものです。

Аゝ模拡大をせず、資金の流動性を高め、かつ保全する

 もし神奈川県が巨大地震に見舞われ、私の会社が企業活動を早期に開始できたとしても、サプライチェーンが寸断されれば、売上げはほぼゼロの状態が続くはずです。

 15年前の数年間、私はその事を考え続けました。そして得た結論は、企業の資金を流動資産として蓄え、売上げゼロが続いても決して倒産しない準備をする事でした。

 どういう事かと言いますと、企業は儲かって資金が貯まると、規模を拡大し、資金を固定化する、つまり土地や建物に変えていくのが一般的です。同時に人も増えますから、財務内容は良くても、手元資金は多くはありません。平時なら、それで充分なのですが、広域で巨大な災害が予想されるなら、それで良しとする方がおかしいのです。

 非常事態が予想されるなら、規模を拡大せず、資金の流動性を高め、これを保全する。そして、売上げゼロが続いても倒産しない事を考える。私は15年間、これを実践してきました。売上げが好調で、場所が狭くなり、納期遅れから客先から怒られ、私も相当悩んだ時期がありました。

 《保全する》という意味は、定期預金や普通預金で蓄えないという意味です。日本をはじめ先進国その他多数の国家の財政は破綻状態に至りつつあり、金融システムそのものが暴走・やがて破局を迎えるという、すなわち資本主義崩壊が進行しています。こういう数百年に一度という経済の大変動においては、貨幣価値が激変する可能性が極めて高いのです。それは必然的なものだからです。

以下を参照してください。

● 資本主義崩壊と理念経済
   http://www.the-seven-seals.jp/economy/economyindex.htm
● 資本主義崩壊のシナリオ
   http://www.the-seven-seals.jp/economy/thescenarioofcollapse.htm
● 資本主義崩壊と窪田光治のサバイバル
      http://www.the-seven-seals.jp/economy/mysurvival.htm

金の価格が高騰を続けています。
http://www.mmc.co.jp/gold/market/g_data/past5.html
http://www.mmc.co.jp/gold/market/g_data/past5.html#P02

 読者には、このグラフを見て、一体何が世界経済において進行しているのか、この事に関心を持って頂きたいと私は思います。《保全する》という意味は、正にここにあります。金利の上昇、大幅な増税、ハイパーインフレだけでなく、場合によっては預金封鎖や徳政令というような事が、今後起きる可能性が高いことをお伝えしておきます。

続く

読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 天変地異 | 08:27 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:27 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/230
トラックバック