Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
4.世界的規模で大地動乱の時代

大地動乱の時代 

はじめに
1.八ヶ岳南麓天文台の地震予報研究 1−1 福島付近と直感した理由
1−2 予報のメカニズム 1−3 実績と評価 1−4 研究のためのサポーター
2.大地動乱の時代
2−1 教訓 2−2 地震発生のメカニズムと巨大地震
 ー舁廚平霧三茲伴期性 ◆‘本海溝を震源とする今回の地震
 相模トラフ、駿河トラフ、南海トラフを震源とする地震
ぁ‘本沈没と予言書 2−3 首都直下型地震 
 。横粟さ末、既に活動期に入った ◆,修了、何が起きるか
 小説「東京大震災」 ぁ|が助けに来てくれるか
2−4 南関東大地震/神奈川西部地震・小田原地震
 \騎里焚甬遒竜録  ◆ヾに発生周期の平均値を10年以上越えている
2−5 連動する東海地震/東南海地震/南海地震
 ]動と周期的発生 ◆\敘している東海地震  連動の引き金は小田原地震
3.東日本大地震との比較/共通性と異なる特徴は何か
3−1 共通性 3−2 異なる特徴 3−3 何が予想されるか
3−4 浜岡原子炉/その時アメリカ軍が日本を再占領

−−−−−−−−−−2011.06.06に続く−−−−−−−−−−−

4.世界的規模で大地動乱の時代

 東日本大震災は1000年に一度の地震規模と言われ、またスマトラ沖地震も超巨大地震でした。その後も大きな地震が何度も同じ地域で発生しています。四川大地震も記憶に新しいものです。

スマトラ沖地震
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%88%E3%83%A9%E5%B3%B6%E6%B2%96%E5%9C%B0%E9%9C%87

四川大地震
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%B7%9D%E5%A4%A7%E5%9C%B0%E9%9C%87

 地球の活動が一定ならマグマの対流も一定、すなわちプレートの移動も一定となり、プレート境界で発生する巨大地震もまた一定の周期で発生する。そして、近年の周期は100年から150年くらいであった、と前述しました。

 しかし、地球の活動は一定ではありません。アトランティス大陸、ムー大陸の伝説は、激しい地殻変動を物語っていますし、地軸は大きく移動してきた事が科学的にも確かめられています。果たして、地球規模で「大地動乱の時代」が来るのだろうか。そういう視点から、予言について考えてみましょう。

 .離好肇薀瀬爛垢陵集

 ノストラダムスの予言は大変有名です。そして、20世紀末に何かが起きると騒がれていましたが、結局何も起きなかったため、人々はもう忘れてしまいました。そのため、予言などというものを全く無視し関心を持たない人が増えたように思います。

◆.献絅札蝓璽里陵集
http://www.the-seven-seals.jp/jyuseriino/jyuseriinoindex.htm

 90%予言が的中していると騒がれたブラジルの預言者であり、その予言集が翻訳されて日本に紹介され、一時のあいだ大変注目されました。しかし、その後、日本に関する詳細な予言のことごとくが外れてしまい、もはやまったく注目されなくなりました。以下のリンクを参照してください。

『地球の温暖化と寒冷化/人類滅亡からの脱出シナリオ』
『4.ジュセリーノ氏の予言はなぜ当たらなくなったのか』

http://www.the-seven-seals.jp/coldtime/coldtimeindex.htm

 ヨハネの黙示録
 HP「七つの封印」http://www.the-seven-seals.jp/
 ヨハネの黙示録の解読書「七つの封印」
http://www.the-seven-seals.jp/seven/J-0sevenindex.htm

 黙示録とは予言書という意味です。ヨハネの黙示録の内容は、上記のリンクを参照していただくと良いのですが、´△鉾罎戮襪函⇒召蟶戮い予言はなく、大きな流れとしての内容となっています。ヨハネの黙示録は、正に現代についての予言であることを私は証明し、そして、現在進行中のこと、これから起きること、人類の方向性、そういう解説をしてあります。興味のある方は是非御一読下さい。

 予言というのは、人類が持つエネルギーに関するシミュレーションと言えるものです。詳細は、
http://www.the-seven-seals.jp/seven/J-5text/J-51part1chapter1energy.htmを参照してください。シミュレーションですから、条件が変われば、予言も変わるのです。

 更に、予言というと、いつどこで何が起きる、という詳細な事に人々の関心が向きがちですが、真の予言とは的中させることに目的があるのではなく、人々に警告を与え、その生き方を変えることで、予言が現実になることを避け、人類の方向性を神の意図する正しい方向に向かわせるためにあります。神が預言者を遣わして、その言葉を預言として人々に伝えるものであり、その中に未来の予言も含まれます。未来予言は人類を導くための方便の一つであるのです。

 こういう視点から、ヨハネの黙示録を見ると、大きな流れとしては、まったくその通りに経過しています。9.11の世界貿易センターの崩壊も、拙書「七つの封印」第三章 目前に迫った人類存亡の危機-------------◆ 『国連の機能停止・ニューヨークの壊滅』の中で解説しましたが、その原文とそっくりの情景があります。
http://www.the-seven-seals.jp/seven/J-5contents.htm 参照。

 これについては、別のテーマとし、『大地動乱の時代』に続いて、考察してみようと考えています。

 現在進行中の中東諸国の革命も、イスラエルと中東諸国の最終戦争、いわゆる黙示録におけるハルマゲドンの戦いの事ですが、エネルギーの展開は正にそういう方向へと進んでいます。資本主義崩壊もしかり、地球温暖化と食糧危機も然り、現在は小康状態ですが鳥インフルエンザを初めとする流行病も然りです。

 巨大な天変地異もまたその流れの中に有り、これから地球という生命体が、人類の悪想念という雲(悪想念エネルギー)を払うため、自浄作用として地殻の活動を活発化させると思います。既にその兆候が現れていると私は今回のスマトラ、四川、東日本大地震を見て、そう考えています。

 ジュセリーノ氏の予言は極めて具体的であり生々しく、非常に大きな関心を人々に起こさせました。しかし、実際にそれが的中を始めると人々に恐怖だけを与える可能性が高いのです。そこで、一旦は外れたことにし、姿形を変えて、別な方面によく似た現象が発生する、そのような神の計らいであり、人類善導の方便であると考えるべきなのです。

 すなわち、一旦は関心を持つことで、知らず知らずのうちに心構えができ、真の巨大な災害を見ても体験しても、その精神的免疫力によって類が希望を持ち、捨て鉢にならずに、逞しく生きていけるように、そして試練を乗り越え、新しい価値観と文明を築いていく方向へと、神は人類を導こうとしています。

続く


読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 天変地異 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:26 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/225
トラックバック