Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
 意識に時間が無い場合

◆◆◆ 4−空(くう)と無(む)の思想 ◆◆◆

はじめに
 _柔于修靴進教 ◆ゞと無は縦糸と横糸の関係
1.空の思想
1−1ネットで調べた『空の思想』
 ゞ (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋1について
◆ゞ (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋2について
 空 (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋3について
ぁゞ (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋4について
1−2 真説『空の思想』
 ゞ/本質の存在−すなわち理念、エネルギー、仏性、神性
◆ゞ/本質が存在する空間−高次元世界の存在  空/エネルギーと理念、仏性、神性 ぁゞ/死後の世界
2.色即是空、空即是色−諸行無常/人間の輪廻転生
2−1 実在界とこの世の関係 2−2 高次元と低次元を貫くエネルギーの輪廻転生
 ―行無常と万人に共通の時間軸 ◆.┘優襯ーの輪廻転生 
 真説『空の思想』の整理
3.無の思想/無我とは何か 3−1ネットで調べた『無の思想』
 〔 ◆ 抜粋1の解説 ◆〆欧亮詑検進教思想の『無』◆ 抜粋2の解説
3−2真説『無の思想1』心の在り方としての無−無我
 ―ゞ気量榲 ◆ー甓爐糧正道  正しさとは何か ぁ〆欧粒放
ァ〔気箸浪燭 Α〔気粒容澄´А〔飢罎判法無我における我とは何か
─〔飢罎龍地とは何か
3−3 真説『無の思想2』−時間/意識/存在−そして無
 〔気箸いΤ鞠阿涼太検´◆(に時間が無い場合
−−−−−−−−−2011.01.06に続く−−−−−−−−−−

 意識に時間が無い場合

 では、物には時間が存在するが、意識には時間が存在しないとすればどうなるか。

 意識が全く変化しないという事であれば、それは意識ではなくなります。とすれば、物が変化していっても、それを認識する意識が存在しないのですから、物も存在しないことと全く同じ事になります。

 全てが、存在しない世界、すなわち、無です。てすから、時間というものと、意識の存在があって初めて物という存在が生まれている事が分かります。

 三次元の世界においては、私達は共通の時間軸を持っています。あの世・実在界・霊的世界においては、それぞれの時間軸が皆異なりますが、時間は存在します。

 時間の無い世界、それは『完全な無の世界』と言えるわけです。これが、哲学的な無です。しかし、幾ら難しい言葉を使用して論理展開したところで、序文で言いましたように、それこそ全くの無であり、不毛な議論となることを読者は充分に理解したと思います。

ぁ(儔修箸六間を内包したエネルギーである

 時間と共に何かが変化する、これこそエネルギーの本質です。この世も、あの世も、エネルギーの世界ですから、完全な無というのは、神の創られた世界、この多次元かつ高次元の大宇宙の中には、どこにも存在しない事になります。

 従って、完全な無について論じることは、頭の訓練にはなっても、何も創造することは出来ません。大宇宙を創造した神にとっては、あるいは何らかの意味を持つ可能性は残されているのではないかと思いますが、私達人間にとっては、不毛の議論であると言わざるを得ないのです。

 神は時間というものを創られたはずです。ということは、時間を止める・無くす事も可能だと思います。私達が知り得る、三次元宇宙を包含するように存在している多次元かつ高次元の実在界宇宙における時間を停止したとき、一瞬にして全てが無と化します。例えば、合わせ鏡に映った無限に続く私達の姿も、鏡をぱたっと閉じたとき、その無限の姿が一瞬のうちに消滅するような、そういう事になるのかも知れません。

 私達は神の意志によって生かされている存在である、そういう認識に至ります。

続く

読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 心の浄化/発展 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:20 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/212
トラックバック