Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
─〔飢罎龍地とは何か

◆◆◆ 4−空(くう)と無(む)の思想 ◆◆◆

はじめに
 _柔于修靴進教 ◆ゞと無は縦糸と横糸の関係
1.空の思想
1−1ネットで調べた『空の思想』
 ゞ (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋1について
◆ゞ (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋2について
 空 (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋3について
ぁゞ (仏教) - Wikipedia から抜粋 ◆ 抜粋4について
1−2 真説『空の思想』
 ゞ/本質の存在−すなわち理念、エネルギー、仏性、神性
◆ゞ/本質が存在する空間−高次元世界の存在  空/エネルギーと理念、仏性、神性
ぁゞ/死後の世界
2.色即是空、空即是色−諸行無常/人間の輪廻転生
2−1 実在界とこの世の関係 2−2 高次元と低次元を貫くエネルギーの輪廻転生
 ―行無常と万人に共通の時間軸 ◆.┘優襯ーの輪廻転生 
 真説『空の思想』の整理
3.無の思想/無我とは何か 3−1ネットで調べた『無の思想』
 〔 ◆ 抜粋1の解説 ◆〆欧亮詑検進教思想の『無』◆ 抜粋2の解説
3−2真説『無の思想1』心の在り方としての無−無我
 ―ゞ気量榲 ◆ー甓爐糧正道  正しさとは何か ぁ〆欧粒放
ァ〔気箸浪燭 Α〔気粒容澄´А〔飢罎判法無我における我とは何か
−−−−−−−−−−−−−2010.12.23に続く−−−−−−−−−−−−−

─〔飢罎龍地とは何か

 『無我の境地』という言葉を聞いたことがあると思います。今まで宗教的見地から、無、無我、諸法無我、という具合に説明をしてきました。これは、心の修行を志す人間にとって、無に対する理解と意識する事は大切な原点・基本だということです。(ただし無の境地には、無限の透明度と深さがある。)

 しかし、無我の境地という場合は、宗教的なものだけに限定する必要は全くありません。とらわれの無い、無欲の心の状態になる瞬間は、誰でもあり得ることです。ただし、自分の《意志の力》でいつでもそうできるようになるためには、余程の修練と心の修行がいるでしょう。

 よく剣客の話として無我の境地という言葉が使われてきました。しかし、剣の道は、現在では野球であったり、柔道であったり、卓球であったり、様々なスポーツについて言えるでしょう。また、スポーツだけでなく、職人の世界や、音楽・芸術の世界、科学技術の世界でも言えるはずです。

 無我の境地は、自分の力を出し切り、更に守護霊・指導霊の指導を無意識の内に受けとめられる、そういう透明感のある心境だからです。自分の力を出し切るというのは自力であり100%を意味しますが、守護霊・指導霊の力が作用するとき、自力+他力=100%以上の力を発揮することとなり、自分でも信じられない力を出せるときがあります。こういうとき、神業と言う言葉を使用するのです。

 以上が、宗教的な無の思想であり、真説『無の思想1』の説明です。化石化した仏教哲学の考え方と全く正反対に近い説である事がお分かりになったと思います。

 続いて、宗教的な無ではない無、つまり『時間と存在』、『意識と存在』の関係を、確認の意味で説明したいと思います。思想的あるいは哲学的な無と言えます。釈迦の本来の教えを忘れ、化石化した仏教哲学の核心であり、頭脳的な論理展開と言えます。

 しかし、難しく考えることはありません。何故なら誰でも分かる簡単な事だからです。

続く



読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 心の浄化/発展 | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:20 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/210
トラックバック