Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
◆‥傾颪ら地獄へ旅する真の目的

霊的世界の探究>霊界に関するテーマ《あの世の基本構造》 
まえがき
1.ロード・オブ・ザ・リング
 [邀κ語の特徴

−−−−−−−−−−−2010.02.09に続く−−−−−−−−−−

◆‥傾颪ら地獄へ旅する真の目的

 この物語では、天国のおそらく五次元善人界の住人である少年達が、世界を滅ぼす魔力を秘めた指輪を滅びの山の亀裂に捨てる事を目的として、地獄界へと旅をします。

 本来、天国から地獄へ旅する目的は、地獄から脱出したいという心の状態に至った霊魂を導き救いあげるために、高次元世界から低次元世界へ降りていく事にあります。そして、地獄へ旅する本人もまた、他を救うという奉仕活動を通じて、愛というものの本質を深く学んで行きます。その結果、自らの霊性が次第に向上していくのです。

 ロード・オブ・ザ・リングhttp://www.herald.co.jp/special/007/では霊界物語であると明言していませんので、前述のような目的が設定されたのでしょう。

 地獄と天国は悪魔と天使の対立という構図でイメージされている読者がいるとすれば、それは全く違うと申し上げます。地獄もまた、神の手の平の上にあり、地獄の隅々まで天使達が降りていくことができます。

 地獄とは、心の病を持った人たちを治すための病院に例えられます。ですから、病棟の隅々まで神の目は届いており、一人一人の霊魂を慈悲のまなざしで見守っているのです。ただし、病を治すのはあくまで自分自身であり、同じような霊魂が集まることで、互いの醜さにやがて気がつきます。

 その世界をつくづく嫌になり、自らを反省し救いを求める素地が生まれてきます。その時、手を差し伸べる天使が現れるのです。この様にして地獄霊の霊性の向上が、長い時間の中で醸成され、悟りという階段を一歩昇ることができるのです。

 その後も、一足飛びに天国へ上がることはできませんが、霊性が一段向上する度に次の天使が現れ、次第に明るい世界へと導かれます。しかし、少しずつ明るい世界へ上がるための境界を通過するとき、荒涼とした断崖絶壁のような場所の旅を続け、更に身を焦がすような心の苦痛に耐えなくてはなりません。

 皆さんでも、手が凍えた後に手を温めると、手がしびれたように痛くなる事を経験されたことがあるでしょう。それに似て、冷たく暗い世界から、一段温かく明るい世界へ上がるとき、その世界のエネルギーの高さ故に、それに慣れるまで、霊体全身を焼け焦がすような苦痛に耐えなくてはならないのです。

 もちろん、天使達は自在に次元の壁を通過し、瞬時に移動できます。しかし、天使の姿をそのまま地獄に現しても、地獄の霊魂には眩しくて見ることができないため、その世界に適合するレベルまでエネルギーを落とし、また姿を変えて行くことになります。

 この物語は、指輪にまつわる物語ですが、以上のような基本的な知識をもって見ることで、何故、地獄の深部まで旅するのか、そしてこれから説明する幾つかの特徴もまた理解されるはずです。

続く



読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 霊と実在界 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:38 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/145
トラックバック