Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
資本主義崩壊のシナリオ

◆ 資本主義崩壊の年 ?

 明けましておめでとうございます。さて。今年はどんな年になるでしょうか。

 これからの経済変動は、過去の歴史にはないほど激しいものになる、と筆者は考えています。年頭に際し、まずこの事をお伝えしたいと思います。

 今年は経済大変動のクライマックスへいよいよ突入するであろうと思います。ドルの暴落、合衆国の財政破綻、デフォルト宣言、そして世界各国に財政破綻が広がり、来年は日本の財政破綻が現実となるでしょう。アメリカが破綻すると、日本は郵貯その他の金融機関の預貯金を原資とする700兆円に達するドル資産を持っていますから、アメリカと心中することになります。

 その結果、長期金利の高騰、ハイパーインフレへと次第に移っていくでしょう。金その他の現物は歴史的な高騰期間がやって来ます。これは来年から始まり10年ぐらい続くと見ています。金は数倍から数十倍に高騰すると見ています。最悪の場合は、貿易が一旦停止し、日本で食料とエネルギーの争奪戦が始まるかもしれません。また、この期間に貨幣価値が一気に変わる可能性が高いと思います。預金封鎖も充分にあり得るでしょう。

 これから数年間、あり得ないとみんなが思うことが、実際に起こるでしょう。そして、その後の長い年月、灰色の時代が続くと思います。多少の時間差はあっても、ほぼ確実に起こると思います。15年間に渡り、勉強し、この時を待っていた私にとっては、この苦境をチャンスに変えるための挑戦の時が来たと考えています。

 2005.11に日本と世界の経済大変動と題して、友人関係者に私の経済展望をお送りしたことがあります。既にあの時から昨年までが第一段階であり、サブプライムに端を発し、リーマンショックを経て金融危機から来る恐慌に近い大不況、第二段階としてこれから国家の財政破綻の連鎖による未曾有の金融危機と恐慌状態・資本主義の崩壊であり、第三段階としてその後のハイパーインフレによる、世界的なマネーの消失、その後は新経済システムの模索・再構築へと進むと思います。

金価格変動のグラフ参照
http://www.mmc.co.jp/gold/market/g_data/past5.html#P02
 私が2005.11に警告を発したのは、このグラフの左ドル軸で400ドルを超えたからです。すなわち、金が高騰を開始する時期が来たと判断したからです。それは本格的なドルと世界各国の通貨下落を意味し、各国の通貨に対する信任の低下を意味するものです。

詳しくは、資本主義の崩壊のシナリオを参照してください。
http://www.the-seven-seals.jp/economy/thescenarioofcollapse.htm

−−−−−−−−−−−−−−−−

 資本主義崩壊という、人類史上未曾有の時代に生まれた事を幸せと思うか、不幸と思うか、またチャンス到来と思うか、それは人それぞれだと思います。しかし、多くの方は自分の意志でこの時代を選んで生まれてきた、また日本を選んだという事実を忘れてはならないと思います。どうせ生きるなら、良かったと思える人生を歩みたいものです。


 しばらく定期的にブログに投稿する余裕がありませんので、それまで不定期になりますが、読者の皆様には御了承下さいますよう御願いします。



読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

 

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 理想国家と理念経済 | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:20 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/142
トラックバック