Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
2−3 想念帯により分離された意識

2−А/瓦瞭きと仕組み
まえがき                                         
1.非常に高度な「心の作用と働き」
1−1 心の階層 1−2 知覚
 ‘体を持つ人間の知覚 ◆[遒箸覆辰真祐屬涼粒
1−3 念い 1−4 記憶・感情・本能
 ゝ憶 ◆ヾ蕎陝´ 本能 −1 この世の本能 
−2 霊としての本来の本能
1−5 知性・理性・感性・悟性
 |寮−本質を知識を基にして知る作用と能力である。
◆〕性−本質を理論的に知る作用と能力である。
 感性−理論的に説明ができない本質を直感(感じる事)で知る作用と能力である。
ぁ仝臉−理論的に説明ができる本質を直感的に知る作用と能力である。
1−6 智慧・認識力
2.三次元と四次元を貫く「潜在意識と顕在意識−魂の兄弟」
2−1 輪廻転生と幽体離脱         
2−2 魂の兄弟
 
−−−−−−−−−−2009.10.28に続く−−−−−−−−−−−−−

2−3 想念帯により分離された意識

 潜在意識と顕在意識または表面意識について、別のテーマとして説明しましたので参照してください。この三次元世界で肉体を持っている間は、自分の意識はそれだけのものと認識しており、自他共に分離され、あの世の自分とも分離されているように感じています。

 基本的には、この世に生まれるときに、過去の記憶が封印されます。また、魂の兄弟と自由に話はできないようになります。これは、エネルギーとして分割・分離されたというのではなく、エネルギーとして一つであっても、意志の疎通が自由にはできないように神は定められたと考えると良いと思います。

 想念帯という過去の「心の作用」の全てが記録された磁気テープに似たものが、心の奥底にあり、この世に生まれ出てきたときからの全ての記録があります。また、封印された過去の記憶もここにあります。

 この世で形成された念いの記録というのは、天国の霊人から見るとひどく次元の低いものであり、またマイナスのエネルギー(自己保存、様々な欲望、恨み、妬み、憎悪、猜疑心・・・・)が非常に多い一方、愛、勇気、調和などそういうプラスのエネルギーが極めて少ないのが特徴です。

 そうすると、想念帯から常に輻射熱のようなマイナスのエネルギーが放射され、心の奥底に「光化学スモッグ」または「厚い雲」を形成していきます。心の奥底は、あの世の魂の兄弟にに繋がっている部分ですから、ますます意志の疎通ができにくくなくなります。

 すなわち、分離された意識とは、システムであると同時に後天的な要素が大きい事になります。ですから、心の奥底で輻射熱のようにマイナスのエネルギーを放射し続けている悪しき想念の記録を、《不活性なもの》に変えていくと、次第に心の「光化学スモッグ」(雑音・ノイズ)が消えていき、魂の兄弟との意思疎通がスムースになっていきます。

 そうして誰でも守護霊様のインスピレーションを受けやすくなります。更に霊道を開くに至れば、自在に言葉を介して話ができるようになります。ただし、真の霊道を開く人は、本来そういう使命を持って生まれた方であり、通常はそのような目的では生まれてきません。

 何故ならば、正しい霊道を維持するのは並大抵の努力ではできないからです。大変な危険を伴います。ですからある時、この世で修行する人間は簡単に霊道を開くことができないように、神は定められました。その理由は、地獄霊・悪霊の影響から身を守ることが大切だからです。

 霊道にあこがれ、その念を強く持ち続け、特殊な修行を続けていると、霊道が開ける事がありますが、ほとんど例外なく悪霊の餌食になるか、良くても天狗・仙人界と通じるのが限界であり、守護霊や高級霊と通じることはないと断言できます。

続く

読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 心とは何か | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:41 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/123
トラックバック