Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
2.三次元と四次元を貫く「潜在意識と顕在意識−魂の兄弟」

 2−А/瓦瞭きと仕組み
まえがき                                         
1.非常に高度な「心の作用と働き」
1−1 心の階層 1−2 知覚
 ‘体を持つ人間の知覚 ◆[遒箸覆辰真祐屬涼粒
1−3 念い 1−4 記憶・感情・本能
 ゝ憶 ◆ヾ蕎陝´ 本能 −1 この世の本能 
−2 霊としての本来の本能
1−5 知性・理性・感性・悟性
 |寮−本質を知識を基にして知る作用と能力である。
◆〕性−本質を理論的に知る作用と能力である。
 感性−理論的に説明ができない本質を直感(感じる事)で知る作用と能力である。
ぁ仝臉−理論的に説明ができる本質を直感的に知る作用と能力である。
1−6 智慧・認識力

−−−−−−−−−−2009.10.23に続く−−−−−−−−−−−−−

2.三次元と四次元を貫く「潜在意識と顕在意識−魂の兄弟」

 心の構造を知るための手段の一つとして、非常に高度な「心の作用と働き」について考えてきました。次に、私達の心は、四次元以降の高次元世界に繋がっているという事について考えてみましょう。霊的世界からの影響を様々な形で私達は受けているという事実を知って欲しいのです。

2−1 輪廻転生と幽体離脱  

  私達の心の故郷、それは天国にあります。人間は天国からしかこの世に生まれてくることはできません。何故なら、この世に生まれる為には、神の許可が必要ですし、一定の生まれ変わりのシステムがあるからです。生まれ変わりのシステムを輪廻転生と言います。

 魂の低学年ほど生まれ変わりのサイクルは短く、高学年ほど長くなります。幼稚園生、小学生、中学生、高校生、大学生に相当する、いわゆる学生は、魂の成長段階として義務教育の段階にあり、地上と天国との生まれ変わりを数限りなくくり返しながら、数億年、数十億年、さらに永遠という時間の中で次第に進化していきます。その間、地獄へ堕ちることも数多くあることでしょう。

 肉体に宿った魂・霊は、肉体に宿ることで潜水服を着たような状態になりますが、霊そのものは純粋な生命エネルギーであり、四次元以降の世界と繋がっています。ただし、潜水服を着ているために、霊的な感覚が大変鈍くなっている、そのように考えるとよいと思います。

 感覚は鈍くなっていますが、睡眠中は潜水服を脱ぎ捨て、すなわち幽体離脱して四次元太陽の生命エネルギーを吸収して再び肉体に戻ります。その際に、夢を見ますが、夢には二種類あって、一つは自分の想像で見る夢、もう一つは4次元世界で実際に見たり体験したことの記憶としての夢です。

 地上の人間は、生きながらにして、本来は霊であり、幽体離脱をくり返している存在です。ただ、私達はその認識を持っていないだけです。夢を見る理由は、あの世の世界を完全に忘れないために、神の計らいがあると考えられます。

続く

読者が増えることを願い、クリックの御協力を御願いします。
              ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

神理の総合HP 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 心とは何か | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:29 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/121
トラックバック