Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
 。釘諭檻悗鰐瑤任呂△蠅泙擦

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ                                    
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上
◆ 内断熱工法と外断熱工法
◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄
 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン
◆ クラスター
◆ 燃焼効率
◆ EM物質はクラスターを分解する
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」田中茂著プロローグ−−−
  世界最高の抗酸化物質ではないか
  転移したガンもEM−Xで回復へ
−−−−−−−−−−2009.09.07に続く−−−−−−−−−−−

 二話に渡って、「EM-Xが命を救う」田中茂著のプロローグから一部を紹介しましたが、2009.09.04、07の記事における赤文字部分についてコメントします。

 。釘諭檻悗鰐瑤任呂△蠅泙擦

 EM-XはEM菌を培養した溶液から菌を取り除き濃縮した液体です。現在はEM-Xゴールドという名称で販売されており、全国に販売拠点があります。誰でも、電話、FAX、ネットで申し込み、購入することができます。

 ただし、清涼飲料水としてのみ紹介されており、本書のような効果については一切宣伝されていませんので、EM-Xの実際の効果・効力については、前述した各書籍を読まない限り全く分からないのです。

 EM-Xが薬ではないという意味は、EM-X自体が直接病気や病原菌に作用するのではないからです。では何に作用するのか、それは肉体の免疫力を向上させ、全身の細胞を活性化させる作用が極めて大きいという事です。その原理は何か、これに付いての理解が必要ですので説明しましょう。

◆ 水とクラスター

 ガソリンにEMを混入させると、燃費が30%も向上すると前述しました。そしてその原理を、ガソリンと空気を混合する際、分子レベルでガソリン粒子を細かくし、完全燃焼に近づけるからである、と説明しました。

 その際にクラスターという言葉を用いました。ブドウの房という意味です。実は、私達が飲んでいる水や様々な食品に含まれている水、その水がどういう構造になっているのかを知る必要があります。

 天然に存在する水は、様々な物質が溶けています。雨水ですら、空気中の様々な化学物質を溶かし込んでいます。それらの、化学物質がイオン化したり、また様々な理由で水の分子同士が引きつけ合い、雪だるまのように塊を造ります。寒天を細かく刻んで少量の水を加えたグラスを貴方が見たとしたら、ただの水が入ったグラスとして見えるでしょう。

 それと同じで、私達が食物や飲料水から摂取している水は、そのようなクラスターの集まりであり、水の分子が一つ一つ分離されて、各自が自由運動しているそのようなのではないという事です。見ただけでは、限りなく液体ですが、分子レベルで見たとき、大きな岩のような塊りの集まりだということです。

◆ 体の水分と新陳代謝

 体の水分は体重の約60%、骨などの固形物が40%と云われています。私達の体だけでなく、あらゆる動植物は大量の水分を有しています。その水の役割とは何でしょうか。

 血液やリンパ液は体内を循環し、栄養と酸素、そして酵素やホルモンを運び、同時に様々な老廃物を排出させています。また筋肉、骨、各内臓における一つ一つの細胞は一つの化学工場であり、様々な物質を造りだし、また分解しています。これを新陳代謝といいます。

 それらの運搬と化学反応の媒体として、「水」の働きがあるという事を認識しなくてはなりません。すなわち、体の全ての新陳代謝は水の働きによって成り立っているのです。

 では、前述の岩のようなクラスターから成り立っている水と、限りなく分子レベルに近い状態の水、この二つの水が新陳代謝の媒体として作用するとき、どちらがより早く、より多くの栄養と酸素を運び老廃物を排出させる事ができるか、またより速やかに化学反応を進めることができるでしょうか。

 限りなく粒子の細かい水は、新陳代謝の能力を飛躍的に高めるのではないか、と容易に推測できます。EM-Xを飲用すると、EMに触れたクラスターは分解され、小さなクラスター、更に分子レベルの粒子へと水を換えていく働きがあります。飲用する量が多くなるほどより多くの効果があります。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 10:09 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/101
トラックバック