Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
資本主義崩壊と私の対策−9 何のためのサバイバルか

◆ 9−1 何のためのサバイバルか

 ロボットは、私が長年情熱を注ぎ続けてきた自己実現のテーマであり、また私にとって事業継承・人材獲得のための必要不可欠な手段なのです。ピンチをチャンスに変え、乱世の時代を生き抜き、そして技術者としての自己実現も同時に図る、それが私の計画なのです。

 破壊の後に創造が始まります。新しい経済学が模索され、それは日本から実現されて行くであろうと合衆国のラビバトラは予言しており、その理論を提唱しています。今まで長い紙面を費やして、資本主義崩壊を生き抜くための私個人の計画を述べてきましたが、私にとって生きることそれのみが目的ではありません。

 会社を存続させ、事業を継承させ、家族と従業員を守り、取引先と協力して生き延びようとするのは、そのプロセス自体がこの世での大切な修行であるからであり、また経済的基盤が確立されていない限り、もう一つのライフワーク・神理のための活動を継続することができないからでもあります。

◆ 9−2 終わりに

 この資本主義崩壊は、数万年に一度という新文明誕生の端境期における一つの現象です。新型インフルエンザをはじめとする様々な疫病の蔓延、巨大地震・ポールシフトなどの天変地異、地球温暖化による異常気象、海面の上昇と地震による都市の海没、食糧危機、戦争など、どれをとってもかつてないほどの大規模な災害が予言されており、悲惨と見える現象は次第にこれから激しさを増していくでしょう。

 しかし、それらは全て魂が進化するための砥石です。人類としても個人としても大いなる試練です。しかし、それを単なる苦しみとして捉えるのは正しくないと思います。そういう環境の中を前向きに楽しく生き抜く、そして神をいまだ見ることができない人々に、言葉だけではなくその人の生き様を示すことで、神の実在を教えていく、それが神理を学ぶ者達の目指す正しい道だと私は考えています。

 資本主義崩壊は、これからクライマックスが訪れます。間もなく(3月、4月)欧米諸国の金融機関は国有化されるでしょう、日本もそれに続くはずです。それがまた次の危機へと発展していきます。また機会を設けて、話していきたいと思います。

 今後の未曾有の困難の中で如何に生きることが出来るか、私達がこの世に生まれた目的であり大命題だと私は思います。

終わり

参考 《七つの封印》  
    資本主義の崩壊と理念経済
    資本主義崩壊のシナリオ 

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 政治経済 | 09:29 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 09:29 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://thelawsofgod.jugem.jp/trackback/10
トラックバック