Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Sponsored links
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
◆‘馼造箸い錣譴襪気泙兇泙幣評に驚くべき効果

◆ 地球大変革/EM医学革命
.....
.....
.....
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」田中茂著プロローグ−−−
  世界最高の抗酸化物質ではないか
  転移したガンもEM−Xで回復へ
 。釘諭檻悗鰐瑤任呂覆
◆ 水とクラスター
◆ 体の水分と新陳代謝
◆ EM-Xは細胞を活性化し、免疫力を飛躍的に高くする
◆ 免疫力とは何か/肉体と魂の関係
◆ 癌は何故発生するか/第一原因は心の在り方

−−−−−−−−−−2009.09.16に続く−−−−−−−−−−−

 二話に渡って、「EM-Xが命を救う」田中茂著のプロローグから一部を紹介しましたが、2009.09.04、07の記事における赤文字部分についてコメントしています。

◆‘馼造箸い錣譴襪気泙兇泙幣評に驚くべき効果
 臨床でEM−Xをかなり頻繁に用いてきました。
ぁ\こ最高の抗酸化物質
Α。釘諭檻悗砲呂泙辰燭副作用がない

 2009.08.17 のブログで紹介した書籍、『「蘇る命」1996年初版 総合ユニコム(株) 田中茂 医学博士著 副題−−自然治癒力を高めるEM-Xとは』によると、既に様々な難病、通常では治療が困難と云われているような病気に対しても、一定の効果が認められることが記されています。

 初版が出版されて既に13年が経過しています。比嘉照夫教授の著書か、田中茂博士の著書か定かではありませんが、タイの病院ではエイズの治療に使用されており、またロシアのチェルノブィリにある病院では、放射線に被曝した人の後遺症治療に使用されていると書かれています。

◆ エイズの治療

 エイズというのは御存知のように人間が持つ本来の免疫力が著しく低下し、様々な病気を併発する病気です。体内のエイズウィルスを根絶する治療方法がなく、根本的な治療ができません。発症するまでの潜伏期間が長いのが特徴で、数年から数十年と云われており、免疫力を強化すれば発症に至らずに済むかも知れません。従って、EM-Xの効果が大変期待できるのです。

 ウィルスの感染が確認されても、免疫力を維持しさえすれば発症せずに健康を維持することができますから、そういう意味で現在様々な治療方法があるとは思います。しかし、医薬品は薬であると同時に毒物ですから、何らかの副作用が必ずあり、患者も悩みつつ服用を続けなくてはなりません。また、医師の厳重な指示の基に服用しないと危険です。

 しかし、EM-Xはどんなに多量に飲んでも、一切の副作用がないのです。そういう意味で、様々な化学療法と併用しても全く問題ないことが、田中茂博士の多数の臨床例から分かっています。博士もエイズの治療に使用してみたいと、著書の中で書いておられます。まだ、日本でEM-Xが治療に使用されているという例は無いようなので、私も残念に思っています。

◆ 放射線被曝治療

 チェルノブィリ原子力発電所の大事故で、空気中に大量の放射線を帯びた塵が飛散し、数千キロ離れた地域まで強度に汚染されています。事故直後だけではなく、その後も風で舞った塵を吸い込むと、それが肺の奥深くに付着して、放射線を出し続けますので、例えどんなに小さな塵であっても、一生の間、肉体組織の遺伝子を破壊し続けます。

 それが免疫力を著しく低下させ、各種の癌の原因となり、また様々な被爆症状で多くの人が苦しむ事になっているのです。EM-Xで免疫力を高め、正常な細胞の生命力を高く維持することで、癌の発生率を抑え、被爆症状を軽度に抑えられることが期待できます。

5.終わりに

 EM技術の話をどういう切り口で説明すれば、読者に理解され受け入れられるだろうか、と色々と考えました。しかし、対象が大きすぎて断片的な話に終始してしまったように思います。読者で興味を抱かれた方は、是非、紹介した著書の何冊かを読んでみてください。

 大発明ほど、これに反発する人が出てきます。それは専門家であり、第一級の研究者や学者です。価値観の変化する時代、大躍進の時代ほど、専門家といわれる人の多くは、自分の専門常識を越える発明や発見に対して無意識の自己防衛本能で抵抗するものです。

 それに反して、一般の率直な人は、気楽に試してみようと思います。試して、効果があれば続ければいいし、無いと思えばやめれば良い、ただそれだけの話だからです。一切の宣伝をしなくても、既に世界55カ国に生産設備があり、様々な人が取り組んでいます。環境に、農業に、医療に、健康に、構造物・建築に、ペットに、食品の保存に、内燃機関の燃費改善に、また様々な酸化防止に、・・・・・限りなく応用分野が広がっています。

 日本でも口コミでかなり広まってきました。「EM???・・・ああなんか聞いたことある。」そういう人が増えてきました。先日、ある眼科のある先生にEMの話をしたら、興味を持たれたので著書の抜粋や資料を差し上げましたところ、大変喜んでいただきました。また、先日紀州熊野の山の中にあるホテルのオーナーと従業員と話をする機会があり、持病に悩んでいる話を聞きましたので、EM-Xの話をしたところ、早速その夜にネットで注文し、二人で飲んでいると後ほど聞きました。

 EM-Xは少し黄色みがかった無色透明の液体です。清涼飲料水として販売されていますが、500ccのボトルが4,500円します。15ccづつ毎日飲むと、約1ヶ月続けることができます。一日あたり150円かかる計算になりますが、高いか安いかはその人の価値観次第ですね。私は最初5cc/日の割合で飲んでいましたが、それでも二日酔いにならない、睡眠が短くてもすっきりする、ハードに働いても疲労がたまらない、などは充分に実感できました。

 若い人は、健康に対して自信を持っています。しかし年齢が上がるに従い、様々な自覚症状が出てくるものです。体内で造られていたホルモンやアミノ酸も、加齢によって生産能力が低下し、サプリメントとして取った方が良いとして、様々なものが販売されています。

 EM-Xでそれらが補えるわけではありませんが、もしサプリメントや様々な自然食品にお金を掛けるのであれば、EM-Xもその中に加えてみてはいかがかと思います。より効果的な健康維持管理ができるのではないでしょうか。また持病や難病に苦しむ方がおられたら、田中茂博士、また同病院の看護婦さんからお話しを聞いて、どれぐらい飲めば良いか、判断の材料にされたら良いと思います。

 以上で、EM技術の紹介を終わりにします。次回からは、再び精神世界に戻り、「心の構造」と題して洞察を深めて行きたいと思います。


ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
◆ 癌は何故発生するか/第一原因は心の在り方

◆ 地球大変革/EM医学革命
.....
.....
.....
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」田中茂著プロローグ−−−
  世界最高の抗酸化物質ではないか
  転移したガンもEM−Xで回復へ
 。釘諭檻悗鰐瑤任呂覆
◆ 水とクラスター
◆ 体の水分と新陳代謝
◆ EM-Xは細胞を活性化し、免疫力を飛躍的に高くする
◆ 免疫力とは何か/肉体と魂の関係
−−−−−−−−−−−−−2009.09.14に続く−−−−−−−−−−

 二話に渡って、「EM-Xが命を救う」田中茂著のプロローグから一部を紹介しましたが、2009.09.04、07の記事における赤文字部分についてコメントしています。

「。釘諭檻悗鰐瑤任呂覆ぁ廚防佞い討離灰瓮鵐箸鯊海韻討い泙垢、免疫力について霊的な面と肉体的な両面から引き続き考えてみたいと思います。

◆ 癌は何故発生するか/第一原因は心の在り方

 癌発生のメカニズムについて、長年にわたり医学者は懸命に研究してきました。その結果、病原菌やウィルスではなく、発ガン物質やストレスが原因であるという方向に傾いていますが、真の原因が解明されているわけではありません。

 何故なら、発ガン物質には沢山の種類がありますが、私達が摂取している食物や空気中にごく普通に含まれているものが数多くあります。普通に食物から摂取するのではなく、何万倍もの濃度の薬品をネズミの皮膚に塗りつけて、短期間に細胞が癌化するかしないか、そういう実験結果として発ガン物質が特定されています。

 その結果、正常な細胞の遺伝子が傷つける作用があるものとして、発ガン物質がやり玉に挙がります。2009.09.04の記事の説明にある「活性酸素」も遺伝子を傷つけるとしています。活性酸素は体内で必ず発生するものであり、それはストレスや様々な原因で増えたり減ったりします。

 発ガン物質も活性酸素も、人間ならば誰でも多かれ少なかれお世話に???なっているのであって、誰もが平等に日常的に遺伝子が傷つけられているのです。しかし、癌になる人とならない人が居る。また、癌と診断されたにもかかわらず、癌細胞が消滅したという事例も少なくありません。

 手術や医学的治療を受けずに子宮癌を完治させた方が私の友人にいますので、HPを参照してください。http://www.spiritual-peace.com/

 誰でも日常的に遺伝子を傷つけられているとするならば、何故人は癌になるのか。しかも、文明社会ほど癌が多く、日本も増加傾向にあります。人間の正常な細胞は異物を排除しようとします。体内にできた異常細胞を排除しようとしますが、正常な細胞が弱く、異常な細胞の生命力が強いと、排除できずに増殖を始めます。

 免疫力は肉体的な側面と霊的な側面の総合力であると先日の記事に書きました。肉体的な側面とは、主として遺伝体質、年齢、栄養の問題と言えますが、大部分の人はそれらの要素に大した差があるわけではありません。とするならば、目には見えない霊的側面に大きな差があるのでは無いかと言えることになります。

 生命力とは霊的な力をいいます。何故ならば、霊とは生命そのものであり、生命エネルギーであるからです。霊が本来の生命力を持って活動するとき、肉体的側面が満たされていれば、最高度の免疫力を持つということができます。心に曇りがあり、充分な霊的活動エネルギーを睡眠中に得ることができない場合、次第に生命活動が衰えていきます。そうすると、肉体表面に様々な病変が現れることになります。癌になりやすい人の特徴は、

 ,泙最阿鯆垢一点に集中できる人。
◆\嫻ご兇強く、自己の至らなさを責め、自己の魂を縛ってしまう人。
 特定の悩みに長く捕らわれている事が多い人。


 どの程度確かなのかは私には分かりませんが、特定の悩みは内臓諸器官と関係があるといわれています。すなわち、特定の場所に自己を否定し責める念が強く働き続けると、その部分の霊的組織の生命力が減退し、やがて発ガン物質や活性酸素の働きで肉体組織に傷が付くと、それを原因として細胞が癌化し増殖を始める、という事なのです。

 ですから健康維持、ストレス解消という意味で、ヨガ、気功、太極拳、座禅瞑想、自然食その他のこだわりについて、私は否定するものではありません。大いに追求されたら良いと思います。しかし、真に健康を追求したい、ストレスを感じないようにしたいのであれば、

ぁー己の心の大掃除、総点検をすること。
ァ‘辰棒在意識に埋もれて普段は気づいていない、心のスモッグを晴らす事が大切。
Α‘常の生活の中で、心がマイナスの念いに捕らわれる事がないか、常に点検する事。
А,いなる場合でも、積極的に、明るく、心に重荷を持たない生活を目指すこと。


 きイ楼貪戮籠鹽戮任禄縞ではないし、また正しさという尺度が分からないと深みがでないという事は言えます。しかし、自分の良心を尺度とし、第三者の目で点検すれば、かなり大きな成果があるはずです。

 ΝГ老盈ですから、日々の努力が大切であり、一生の課題です。心の掃除の問題は本題から外れていきますので、これぐらいにします。

 心の問題を解決すると、生命力が向上する、霊的組織が回復し、やがて肉体組織が回復するという事が言えます。更に、EM-Xは免疫力向上に大きな力を発揮します。また、化学療法も大いに有効になります。またヨガ、気功、太極拳、座禅瞑想、自然食その他のこだわりも大いに効果を発揮することになります。

 免疫力とは生命力であり、それは霊的なエネルギーです。「心の在り方」が健康維持に極めて大きく作用することを理解されたと思います。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
◆ 免疫力とは何か/肉体と魂の関係

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ                                    
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上
◆ 内断熱工法と外断熱工法
◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄
 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン
◆ クラスター
◆ 燃焼効率
◆ EM物質はクラスターを分解する
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」田中茂著プロローグ−−−
  世界最高の抗酸化物質ではないか
  転移したガンもEM−Xで回復へ
 。釘諭檻悗鰐瑤任呂覆
◆ 水とクラスター
◆ 体の水分と新陳代謝
◆ EM-Xは細胞を活性化し、免疫力を飛躍的に高くする
−−−−−−2009.09.11に続く−−−−

 二話に渡って、「EM-Xが命を救う」田中茂著のプロローグから一部を紹介しましたが、2009.09.04、07の記事における赤文字部分についてコメントしています。

「。釘諭檻悗鰐瑤任呂覆ぁ廚防佞い討離灰瓮鵐箸鯊海韻討い泙垢、免疫力について霊的な面と肉体的な両面から考えてみたいと思います。

◆ 免疫力とは何か/肉体と魂の関係

 前回は、EM-Xは肉体に含まれる水分のクラスターを細かくし、著しく新陳代謝を高める結果、全身の各細胞を活性化させ、免疫力を高める。しかし、色心不二といって肉体と魂とは表裏一体であり、免疫力や病気の第一原因は、その両面から考えなくてはならない、という話をしました。

 全ての生物はボディと魂を必ず持っています。それが生命の形であるのです。そこで魂とは何か、という事を理解しておく必要があります。魂と霊体の違いについてです。霊は本来姿も形もない自由なエネルギー体ですが、肉体に宿ることで肉体と同じ形状をしています。そして、肉体組織と同じ組織を持った幽体というものを下着のように着ています。心は、魂の中核部分であり、胸の付近に直径30cmぐらいの塊として存在しているといわれています。

 更に、私達の肉体組織や内臓器官は、異なる霊であり魂である生命がそれぞれ独立して宿っており、それらを統括し統合する事で幽体を形成し、肉体を形成しています。肉体の活動エネルギーは食物から摂取していますが、霊体・魂は霊太陽の光エネルギーを吸収することで活動エネルギー・生命エネルギーとしています。

 睡眠中に幽体離脱し、四次元世界にある霊太陽の下へ行くことで、人間は生命エネルギーを得ることができますが、睡眠を取ることができない場合、一週間以上は生きることが出来ない、といわれています。ですから、睡眠は極めて大事なことなのです。

 肉体各組織のそれぞれの細胞も同様です。各細胞の生命力は食物からエネルギーを得るだけではなく、睡眠中に生命エネルギー、すなわち霊エネルギーを得ることで、健康的に活動を続けることができるのです。

 ですから、肉体と霊の両面が健康でなければ本来人間が持つ免疫力を高度に発揮することができないのです。肉体を病原菌その他によって損傷すれば、その下着である幽体に傷が付きます。その結果、魂が苦しみ、心も苦しみます。

 逆に、心に病があれば、波長導通の法則から、心に曇りを造ることとなり、霊太陽の光エネルギーを充分に吸収できなくなります。その結果、幽体組織の生命力が低下し、やがてその部分の肉体に病変が現れてくることになります。

 従って、健康を維持し、また難病を克服するカギがこの色心不二という言葉にあることが理解できるでしょう。次回は癌の第一原因は何か、という話をしたいと思います。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) |-
◆ EM-Xは細胞を活性化し、免疫力を飛躍的に高くする

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ                                    
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上
◆ 内断熱工法と外断熱工法
◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄
 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン
◆ クラスター
◆ 燃焼効率
◆ EM物質はクラスターを分解する
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」田中茂著プロローグ−−−
  世界最高の抗酸化物質ではないか
  転移したガンもEM−Xで回復へ
 。釘諭檻悗鰐瑤任呂覆
◆ 水とクラスター
◆ 体の水分と新陳代謝
−−−−−−2009.09.09に続く−−−−−−−−−

 二話に渡って、「EM-Xが命を救う」田中茂著のプロローグから一部を紹介しましたが、2009.09.04、07の記事における赤文字部分についてコメントします。

◆ EM-Xは細胞を活性化し、免疫力を飛躍的に高くする

 前回は、水とクラスター、水分と新陳代謝の話をしました。体の60%占める水が媒体となって新陳代謝が行われる、その媒体である水が分子レベルまで細かく、岩のような塊ではなく、砂時計のような砂のように細かいとすれば、新陳代謝と全身の細胞の内部における化学反応は飛躍的に効率よく速やかに進行する、ということになります。

 その結果、人間の全身の細胞が若々く蘇ることになります。各内臓器官では、様々なホルモン、また数千種類といわれる酵素を造りだし、体調や肉体の変化に合わせて全身に適宜に送り出しています。その作用と効果が高くまり、かつ速やかに行われるとするならば、環境の変化や、病原菌に対する抵抗力が高まり、様々な食品の添加物、化学物質を速やかに分解して排泄させる事ができます。

 クラスターが細かく分解されるということは、血液が塊を造らない、すなわち血栓の原因を取り除くだけではなく、俗に言う「血液さらさら」という状態を維持することになります。スピーディに血液が流れ、新陳代謝を加速させます。脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。

 私が、EM-Xを飲み始めて、最初は5cc/日だったと思いますが、まず最初に実感したのは、非常に良く熟睡でき、起きたときさわやか、睡眠時間が短くても元気に仕事ができるということでした。新陳代謝が早いのですから、疲労がたまらず、回復が早いのです。

 次に、私はお酒が好きで、時に長時間飲むことがありますが、そういうときは翌日頭痛がする気分が悪い、つまり二日酔いの状態になることが多々ありました。EM-Xを飲み始めてすぐに気がついたのですが、翌日体内にアルコールがまだ分解できずに残っている状態でも、頭痛がしない気分も悪くない、ということに驚きました。

 アルコールが分解されアセトアルデヒトという毒物になりますが、これが二日酔いの原因です。肝機能が高まり、体内アルコールの分解速度が速くなります。さらに、毒物であるアセトアルデヒトを速やかに体外に排出する、その結果二日酔いにならない、とこういうわけです。

 また頭痛持ちであった家内がぴたりと直った事を以前に話しましたが、やはり血液の循環がよくなり、新陳代謝が速やかに進むことで改善したと考えます。ただし、偏頭痛の第一原因として霊的な作用が考えられますので、精神的な面、心の状態を合わせて改善する事が本来望ましいのですが、なかなか本人には言えないことです。

 その話を、会社の頭痛持ちの事務員に話したところ、早速試されましたが、後ほどEM-Xを手放せなくなったと話してくれました。

 医学が発達し、毎日栄養豊かな食事をしていながら、病気が無くなるどころか、何故難病が増え続けているのか、この問題をまず根本から考えることが大切です。人間本来の生命力、肉体の細胞を活性化させ、免疫力を高めていくこと、これが難病の克服だけでなく、予防医学・健康医学のベースに無くてはならないはずです。

 頭痛だけでなく、病気と名の付くものには必ず原因があります。仏教の言葉で色心不二と云われるように、肉体と魂は表裏一体であり、病気や免疫力を考えるとき、肉体の面と精神的な両面を考える必要があります。癌の第一原因は発ガン物質ではありません。発ガン物質は誰でも毎日必ず摂取しているのですから、第一原因ではないのは明らかな事実です。

 このブログと私のHPは霊的世界の探究が目的ですから、霊的な側面を交えて、お話しを続けていきたいと思います。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 10:16 | comments(0) | trackbacks(0) |-
 。釘諭檻悗鰐瑤任呂△蠅泙擦

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ                                    
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上
◆ 内断熱工法と外断熱工法
◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄
 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン
◆ クラスター
◆ 燃焼効率
◆ EM物質はクラスターを分解する
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」田中茂著プロローグ−−−
  世界最高の抗酸化物質ではないか
  転移したガンもEM−Xで回復へ
−−−−−−−−−−2009.09.07に続く−−−−−−−−−−−

 二話に渡って、「EM-Xが命を救う」田中茂著のプロローグから一部を紹介しましたが、2009.09.04、07の記事における赤文字部分についてコメントします。

 。釘諭檻悗鰐瑤任呂△蠅泙擦

 EM-XはEM菌を培養した溶液から菌を取り除き濃縮した液体です。現在はEM-Xゴールドという名称で販売されており、全国に販売拠点があります。誰でも、電話、FAX、ネットで申し込み、購入することができます。

 ただし、清涼飲料水としてのみ紹介されており、本書のような効果については一切宣伝されていませんので、EM-Xの実際の効果・効力については、前述した各書籍を読まない限り全く分からないのです。

 EM-Xが薬ではないという意味は、EM-X自体が直接病気や病原菌に作用するのではないからです。では何に作用するのか、それは肉体の免疫力を向上させ、全身の細胞を活性化させる作用が極めて大きいという事です。その原理は何か、これに付いての理解が必要ですので説明しましょう。

◆ 水とクラスター

 ガソリンにEMを混入させると、燃費が30%も向上すると前述しました。そしてその原理を、ガソリンと空気を混合する際、分子レベルでガソリン粒子を細かくし、完全燃焼に近づけるからである、と説明しました。

 その際にクラスターという言葉を用いました。ブドウの房という意味です。実は、私達が飲んでいる水や様々な食品に含まれている水、その水がどういう構造になっているのかを知る必要があります。

 天然に存在する水は、様々な物質が溶けています。雨水ですら、空気中の様々な化学物質を溶かし込んでいます。それらの、化学物質がイオン化したり、また様々な理由で水の分子同士が引きつけ合い、雪だるまのように塊を造ります。寒天を細かく刻んで少量の水を加えたグラスを貴方が見たとしたら、ただの水が入ったグラスとして見えるでしょう。

 それと同じで、私達が食物や飲料水から摂取している水は、そのようなクラスターの集まりであり、水の分子が一つ一つ分離されて、各自が自由運動しているそのようなのではないという事です。見ただけでは、限りなく液体ですが、分子レベルで見たとき、大きな岩のような塊りの集まりだということです。

◆ 体の水分と新陳代謝

 体の水分は体重の約60%、骨などの固形物が40%と云われています。私達の体だけでなく、あらゆる動植物は大量の水分を有しています。その水の役割とは何でしょうか。

 血液やリンパ液は体内を循環し、栄養と酸素、そして酵素やホルモンを運び、同時に様々な老廃物を排出させています。また筋肉、骨、各内臓における一つ一つの細胞は一つの化学工場であり、様々な物質を造りだし、また分解しています。これを新陳代謝といいます。

 それらの運搬と化学反応の媒体として、「水」の働きがあるという事を認識しなくてはなりません。すなわち、体の全ての新陳代謝は水の働きによって成り立っているのです。

 では、前述の岩のようなクラスターから成り立っている水と、限りなく分子レベルに近い状態の水、この二つの水が新陳代謝の媒体として作用するとき、どちらがより早く、より多くの栄養と酸素を運び老廃物を排出させる事ができるか、またより速やかに化学反応を進めることができるでしょうか。

 限りなく粒子の細かい水は、新陳代謝の能力を飛躍的に高めるのではないか、と容易に推測できます。EM-Xを飲用すると、EMに触れたクラスターは分解され、小さなクラスター、更に分子レベルの粒子へと水を換えていく働きがあります。飲用する量が多くなるほどより多くの効果があります。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 10:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
転移したガンもEM−Xで回復へ

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ                                    
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上
◆ 内断熱工法と外断熱工法
◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄
 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン
◆ クラスター
◆ 燃焼効率
◆ EM物質はクラスターを分解する
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」
  世界最高の抗酸化物質ではないか

−−−−−−−−−2009.09.04に続く−−−−−−−−−−

9/4の記事に続いて、その続きを引用して掲載します。

−−−−−「EM-Xが命を救う」−P.10〜P.15−抜粋−−−−
        サンマーク出版 田中茂著 

プロローグ 驚異のEM-Xとの出会い
世界最高の抗酸化物質ではないか

転移したガンもEM−Xで回復へ

 EM−Xを臨床に用いている現場では、これほどまでに劇的ではないにしろ、一カ月の飲用でガンが消えた、二カ月で消えたというケースがあちこちで生じています。ですから、たとえ症状が進んで全身に転移したような患者さんでも、EM−Xによって改善する望みは十分にあると私は考えています。

 たとえば、末期の膵臓(すいぞう)ガンの手術を受けた六十四歳の男性の場合もそうでした。 この人の膵臓ガンが見つかったのが二〇〇一年の十二月。すでに転移が認められ、余命一〜ニカ月の末期ガンでした。即座に入院して精密な検査を受けることになったのですが、もはや食事もほとんど喉(のど)を通らない状態で、六五キロあった体重も見る見るうちに落ちてゆき、一カ月の入院期問で四七キロまでにやせ衰えてしまいました。

 ただ、この男性にとってラッキーだったのは、奥さんがEM−Xの存在を知っていたことでした。私の著作を読み、EM−Xの効果と飲み方を知っていた奥さんは、医師にも本人にも内緒で飲ませていたのです。とはいえ、食事も満足にとれない状態ですから、量自体はさほど多くはありません。しかし、少量とはいえ、この検査人院中にEM−Xを飲んだことが功を奏したのか、その後、大病院へ移って手術を受けたあと、思いもよらぬ話を担当医から聞かされることになったのです。「もっと悪いと思っていたけれど、転移も思いのほか少なかった」というのです。

 これに勇気を得た奥さんは、膵臓ガンであることをご主人に告知する決意をします。病名は膵臓ガン、しかし、思ったほど重症ではなく、手術の結果もよかったこと。そして、ガンは活性酸素と密接な関係があり、強い抗酸化作用をもつEM−Xを飲めばガンが治る可能性がきわめて高いこと、さらには、入院中からすでに内緒でEM−Xを飲ませており、それが手術の好結果につながったと思われることなど、私の著作から入手した知識をもとに必死になってご主人に説明しました。

 膵臓ガンという病名を耳にした瞬問はショックで表情をこわばらせたご主人でしたが、EM−Xの説明を聞いているうちに希望が芽生えてきたのか、病気に対して前向きに取りむ意志を口にしました。

 「そうか、じゃあ、そのEM−Xというのを一生懸命飲むことにしよう」このときの量は食事ごとに80CCを一日三回でしたが、半年後には一回当たり70CCに量を減らしてもよいほど病状が回復しました。いまでは、朝食前に草むしりをしたり、あるいは家族旅行に出かけたりと、まるで大手術を受けた人とは思えないほど元気に暮らしているそうです。

 何より、全くといっていいほど抗ガン剤の副作用がないことに、奥さんともども驚いています。退院後も定期的に通院しては抗ガン剤を打っているのですが、髪の毛も抜けなければ発熱もなし、食欲はたまに減退することがあるものの、それも一日か二日で回復するということです。顔色もよく、四七キロまで落ちた体重は半年たって五一キロまで回復、「これくらい増えればもう大丈夫だろう」と医師からいわれ、夫婦ともにすっかり安心したそうです。

 一般に・転移したガンはなかなか治りにくいといわれています。これは医療現場の最前線に立っ医師たちに共通した認識で、すでに転移が認められる場合には医師自身、治療や告知の仕方についてずいぶんと悩むものです。ところが、その転移したガンがEM−Xの飲用でほぼ完治したというのですから、これは私にとっても大変な驚きです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−
−−−−−−

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |-
4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ                                    
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上
◆ 内断熱工法と外断熱工法
◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄
 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン
◆ クラスター
◆ 燃焼効率
◆ EM物質はクラスターを分解する

−−−−−−−−−−2009.09.02に続く−−−−−−−− 

4.EMの作用と働き2−−「EM-Xが命を救う」

 ようやく、難病の克服、健康医学、予防医学の話を進められる段階に至りました。EMの何たるかを語るのは難しいのです。何故なら、余りにもその応用の範囲が広く、また効果が画期的だからです。

 私は、比嘉照夫教授にノーベル賞を3つ同時にあげたい、それほどの大発明であると認識しています。まずは、十余年にわたり、御自分の病院でEM-Xを臨床に応用されてきた、院長の書籍のプロローグを紹介して、私のコメントを添えたいと思います。

−−−−−「EM-Xが命を救う」−P.10〜P.15−抜粋−−−−
      サンマーク出版 田中茂著 


プロローグ 驚異のEM-Xとの出会い

世界最高の抗酸化物質ではないか

 医学は、日進月歩の勢いで新しい治療法や技術が登場していますが、私たちは本当に病気を克服できるようになったといえるのでしょうか。高齢化社会を目前にして、私たちが負担する医療費は、ますます増加するばかりです。健康とは何か、病気とは何かをあらためて考えてみる時期にさしかかっているといえるでしょう。

 いままでは抗生物質やワクチンによる化学療法が、病気を克服するために用いられてきました。しかし、近年話題になったO-157やエボラ出血熱、さらにはケラチア菌、MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)など、より強力になった細菌やウイルスによる感染症が猛威をふるうようになり、病気克服はなかなかむずかしくなったのです。そのなかで、私がいまいちばん注目しているのが、本書で紹介するEM−Xなのです。EM−Xは薬ではありません。清涼飲料水として販売されている無味無臭の液体です。ところが、見たところ何の変哲もないこの水が、ガンをはじめ、難病といわれるさまざまな症状に驚くべき効果を上げているのです。

 八年ほど前から、私は医師として、臨床でEM−Xをかなり頻繁に用いてきました。もちろん患者さんと話し合ってのことです。その結果、私が得ている感触は「自分はいま世界最高の抗酸化物質を手に入れた」ということなのです。

 人はなぜ病気になるのか。それは、遺伝子に異常をきたすからです。では、なぜ遺伝子が異常になるのか。その原因は食生活やストレス、不摂生、化学物質など山ほどありますが、すべてに共通するのは「活性酸素」というものの存在です。

 遺伝子が活性酸素の攻撃にさらされ、正常な働きが阻害されると病気になる。たとえばガン抑制遺伝子というものがあります。これが活性酸素の攻撃で本来の機能を損なうと人はガンになってしまうのです。

 抗酸化物質というのは、この活性酸素の害を中和してくれる、わかりやすくいえば毒消しのようなものです。医学の世界では「スカベンジャー(掃除屋)」といっていますが、EM−Xはいま一般に入手可能な最良最強のスカベンジャーといってよいかと思います。

 最良といえるのは、EM−Xにはまったく副作用がないからです。いついかなる状態から用い始めても、何の心配も生じない。どんな治療を受けていようと、病気がどんな状態にあろうと、いっこうにかまわない。症状が軽いほうが効き目は大きいのですが、ガンの末期に用いて劇的な効果を発揮することも珍しくありません。

 最強という意味はEM−Xが抗酸化物質として、きわだってすぐれた能力をもっているからです。私の知る限り、いまEM−Xを上まわる抗酸化物質は見当たらない。ビタミンC、べータカロチン、ビタミンE、フラボノイドなどが白然界にある抗酸化物質としてよく知られていますが、そのなかでいちばん効力があるといわれるビタミンEの数百倍の能力をEM−Xはもっている、と私は考えています。

 五十七歳で肺ガンになった、新潟在住の男性の例をあげて、EM−Xの効果のほどを説明してみましょう。

 真壁義之さん(仮名)は五十代半ばまで、病気らしい病気はしたことがないというほど健康には自信をもっていました。ところが、そろそろ年齢も年齢だからということで人間ドックで全身の健康状態をチェックしてもらったところ、右肺に影があることがわかりました。

 「よもやガンでは……」。医師の説明と同時にガンという病名が脳裏をよぎったのにはわけがありました。一年くらい前から疾(たん)が多くなったような気がしていたからです。健康には白信をもってはいたものの、その一点だけが少し引っかかっていたのです。

 しかし、影があるからといって、ガンと決まったわけではない、それに、何かの間違いでたまたま影が映っただけかもしれない……必死に不安を打ち消そうとする真壁さんに決定的な宣言がいい渡されたのは、それから一週問後のことでした。

 CTスキャンで精密検査をした結果、左右の肺にガンがあることが確認されたのです。全身から血が引いていくのがわかるほど大きなショックを受けた真壁さんでしたが、ショックにうちひしがれているときではない、手術でも何でもやってもらって病気に勝つ。そう決意を新たにして新潟ガンセンターで内視鏡による手術を受けたのは、その翌日のことでした。しかし、術後に待っていたのは、「末期の肺ガンで余命三カ月あまり」という、あまりにも非情な、本人にとっては気を失うほどの宣告だったのです。

 私のところに相談の電話があったのはその直後のことでした。電話の向こうの声からは落ち込んでいる様子がありありとうかがえました。私は懸命に励ましながら、とりあえずEM−X七〇佞魄貽一回飲むように指導し、しばらく様子をみることにしました。

  ところが、EM.Xの効力を知悉(ちしつ)している私でさえ心底びっくりさせられるような報告があったのは、それからわずか二週間後のことでした。手術後の経過をみるためにCTスキャンを撮ったところ、何と肺の影が完全に消えてなくなってしまったというのです。余命三カ月の末期の肺ガンが、EM−Xを二週問飲用しただけで消えてしまうなどとは、常識で考えてもにわかに信じがたい話でしょう。ましてや、ガンという病気を知り抜いている医師にとっては不思議というより、認めがたい話です。しかしこれは、現実にあったことで、こういう劇的なケースもあるということに私白身、本当に驚いているのです。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 09:40 | comments(0) | trackbacks(0) |-
 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ                                    
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上
◆ 内断熱工法と外断熱工法
◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄
−−−−−−−−−−−2009.08.31に続く−−−−−−−−−

3−6 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説6

 2009.08.19投稿記事段落に番号を付け、赤字に修正した言葉の意味について、解説・コメントしていきます。

 内燃機関の燃焼効率を高めて排気ガスもクリーン

 EM技術は鉄筋コンクリートの強度や耐久性を大幅に向上させる、という話を前回行いましたが、車の燃費を大きく改善する???という話も聞いてびっくりされるはずです。ガソリン車だけでなく、ディーゼルエンジン、ボイラーなど内燃機関全般に言えることです。

 どのようにするかと言えば、単純にEM菌が造り出した物質を燃料に混ぜるだけであり、EM一号やEM-Xを混ぜると良い、ということです。その濃度や、混ぜ方にはいろいろとノウハウが有るかも知れませんが、30%ぐらい燃費が向上するといいますから、相当効果があるらしいのです。

 燃費が向上すると完全燃焼に近づきますから、排気ガスもクリーンになるというわけです。では、何故、そんなバカな事???があり得るのか、分かりやすく説明しましょう。

◆ クラスター

 内燃機関はガソリンや軽油などを燃料にしています。液体自体は、私達の目で見た限りただの液体です。しかし、分子レベルでこれを見ると、どのように見えるか、これが問題の核心なのです。

 分子構造はこういう具合であると説明されると、それで何か分かったような気分になるかも知れませんが、実際は様々な不純物が含まれ、一つ一つの分子がばらばらで液体を為しているわけではありません。

 ガソリンの分子も一つ一つがばらばらではなく、大きな塊となっています。数百、数千、あるいはもっと多くの数の分子がより集まって塊を造っている姿を想像してみてください。その塊同士が沢山集まってガソリンという液体となり、それを私達が見ることができます。この塊のことをクラスターといいます。ブドウの房という意味です。

◆ 燃焼効率

 内燃機関では、燃料を霧状に噴霧して空気と混合させ、圧縮した後にこれに点火し爆発させる一連の工程を連続的に行うことで動力を得ています。何故、霧状にするのかといえば、空気とよく混合させるためです。

 すなわち、霧の細かさが大事なのです。如何に細かい霧にするか、そして空気と良く混合させることができるか、これが燃費改善の一つの大きな技術であり、ノウハウです。もちろん、エンジン内部の構造や燃焼の温度といった様々な問題があります。現在では電子制御によって、最適な燃料噴射の技術も開発されています。

 しかし、それはマクロで見た時の話であり、ミクロで見たとき、すなわち燃料を分子のレベルで見たとき、完全燃焼にはまだまだ至っていないのです。それは前述したガソリンのクラスターが存在し、如何に霧を細かくしても、分子レベルで見たとき、分子の大きな塊からなる霧であるからなのです。

◆ EM物質はクラスターを分解する

 EMをガソリンに混合すると、分子の塊であるクラスターを細かく分解します。どの程度まで分解できるかは、EMの混合の仕方によるでしょうし、また限界も有るかも知れません。

 クラスターが分解され、より小さなガソリンの塊になれば、空気とより多くのガソリン分子が接触することができますので、完全燃焼へと近づきます。このようにして、燃焼効率が改善されます。

 完全燃焼に近づけば、不純物もよく燃焼し、排気ガスがクリーンになります。省エネと環境の両方を大きく改善させる事ができます。しかし、まだEMを燃料に混合しているという話は聞いたことがないので、まだ実用化されていないのでしょう。

 車の製造メーカーは、燃費の良い車の開発に熱心に取り組んでいます。しかし、石油会社が燃費改善のための、燃料を開発しているという話は全く聞いたことがありません。石油会社にとってみれば、燃費が改善されると、それだけ燃料の需要が減り、売上げが減少することになります。それは困るということで、そのような開発テーマを無視している、ということかも知れません。

 燃費が改善されれば、消費量をその分だけ減らすことができます。30%改善するなら、30%減らすことができます。前述の外断熱工法によれば、家庭の冷暖房費を1/10に減らすことができると紹介しましたが、温暖化対策としての大きな効果があることは明らかです。

 ですが単純にいえば、石油会社の売上げが30%減り、工務店が60%倒産することになりますから、生産者を擁護する自民党ではできませんでした。しかし、生活者と生産者のバランスを取る政策に変えて行くであろう新しい政治に期待したいと思います。

 クラスターを分解することができるEMを水に応用すると、肉体の免疫力が飛躍的に増大します。次回から、健康と難病克服をテーマとして話を続けます。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |-
─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
3−1 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
3−2 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説2
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
3−3 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説3
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
3−4 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説4
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり
◆ 複合汚染2
◆ 不思議なEMの波動特性
−−−−−−−−−−2009.08.28に続く−−−−−−−−−−−−−

3−5 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説5

 2009.08.19投稿記事段落に番号を付け、赤字に修正した言葉の意味について、解説・コメントしていきます。

─〇晴塾壊が防止されるため、建築物の耐用年数は現在の数倍以上

 EMと建築物と何の関係があるの、最初は皆そう思うはずです。鉄骨とコンクリートで造られる構造物が多いのは皆さん御存知です。

 コンクリートは水を大量に使用して造ります。通常の水には、様々な化学物質が溶け、イオン化されています。酸素も溶けています。ですから、鉄骨はコンクリート内部で次第に酸化し、錆が鉄骨の強度を低下させていきます。コンクリート自体も水に含まれていた化学物質が作用して、次第に劣化していきます。

 コンクリートをこねるための水にEMを少量混ぜると、EMのもつ強い抗酸化力はコンクリートの水全体に伝染し、そのまま固まりますから、鉄骨は酸化せず、コンクリートも劣化しないという効果が得られます。これを広く応用するならば、様々な構造物の耐用年数が飛躍的に伸び、また安全性が長期間維持される、そうすると立て替え修理の費用が激減し、社会コストを大幅に減らせることになります。

 ここでも政官業の癒着、鉄のトライアングルという自民党長期政権の弊害があります。EM技術にはこんなに優れた機能があるのに、世は認めない、何故か、簡単です。耐用年数が数倍に延びれば、業者の仕事は数分の一、政治家へのリターンも数分の一、官僚達の仕事も数分の一になるからです。

◆ 内断熱工法と外断熱工法

 余談ですが、家屋の内断熱工法と、外断熱工法というものがあることを皆さん御存知ですか。欧米は外断熱工法であり、法律で義務づけられ、違反すると免許取り消しになります。日本はずっと昔から内断熱工法です。戦後間もない時期に、欧米の外断熱工法の調査が行われ、日本への導入が検討されましたが、うやむやになりました。

 結論を言いますと、外断熱工法は冷暖房費が1/10になり、壁の内部で結露せず、従ってカビが生えず、壁と室内の温度が同じになります。そのために極めて快適、さらに建物の構造物の寿命が飛躍的に延びます。しかし、日本では採用しておりません。省エネの効果は莫大、健康に極めて良い、建物の寿命が3倍になる、建物の解体による大量のゴミは1/3、庶民の高いローン負担は1/3になる、そうハッキリと分かっているのにです。

 10年ほど前に、外断熱工法と内断熱工法に関する、ある著書が切っ掛けとなり、次第にこの工法を採用する工務店が現れてきましたが、従来の建築工法と大きく異なるため、まだ余り採用されていません。また、家を建てる人の基本的な意識がないのも大きな原因です。しかし、法律で義務づけをしていない、規格化されていない点が最大の行政の誤りであり、怠慢だと言えます。

◆ 鉄のトライアングルと壮大な無駄

 日本国民は、政官業の癒着、鉄のトライアングルの中で洗脳され、飼い慣らされています。読者には、この事実に気づいて欲しい、私は真にそう思います。20年前、ある市民運動を通じ、またある一連の本を読み、生活の中に、目に見えない皆が気がつかない、「大いなる無駄」があることを知りました。今も延々と続いています。それらが改善されるなら生活費は大幅に下がり、日本は世界一豊かで快適な国になります。

 本日、民主党政権が誕生する事が決定しました。私はこの政権交代を待ち続けて20年ぐらいになります。自民党政権の理念は、生産者側に軸足があるという点です。民主党の理念は、生活者に軸足を置くという点です。ここが大きく異なります。すなわち、これからは行き過ぎた生産者保護政策ではなく、生活者・消費者と生産者のバランスを取った政策へと転換していくはずであり、その結果、劇的な変化が訪れます。

 日本が抱えている莫大な借金、医療や年金、介護、地方分権、景気の回復、どれをとっても困難が山積みされています。しかし、今まで壮大な無駄を重ねてきたのですから、これを正していくのは、宝の山発掘みたいなものです。国家財政の破綻は避けられないでしょうが、国民もようやく目を覚ましたわけであり、時間は掛かりますが、世界一理想的な国家に生まれ変わっていくでしょう。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) |-
А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要

◆ 地球大変革/EM医学革命
1.神理における私の自己実現
1−1 広大なテーマ
1−2 私の信念
1−3 EM技術は未来を拓く人類の希望
2.EMの誕生と我が家の取り組み
2−1 EMと私の出会い
 EM誕生のいきさつ
◆“生物の共生
 有用微生物群
ぁ_罎家の実践 
2−2 書籍の紹介
3.EMの作用と働き
「蘇る未来」より抜粋−−微生物が地球環境を大きくかえている
3−1 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説
 \こγ罎鮴粉、地球環境を大きく改善
◆.┘鵐肇蹈圈爾肇轡鵐肇蹈圈
3−2 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説2
−1 耕さないでよい
−2 草取りしないでよい
−2 農薬を必要としない
−3 農薬、ダイオキシンを分解する
3−3 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説3
ぁ_蹴愴醂舛簀戚瑤了藩儔畭燭播攵蹐劣悪化して農業が不振
ァ)鳴鮮の奇跡的な農業の再生に活躍したのがEMです。
Α ̄水もEMによって浄化され
−−−−−−−−−2009.08.26に続く−−−−−−−

3−4 「蘇る未来」/微生物が地球環境を大きくかえている−−解説4


 2009.08.19の段落に番号を付け、赤字に修正した言葉の意味について、解説・コメントしていきます。

А(歛犬里燭瓩療魂炭泙呂泙辰燭不要となり

 EM菌が創り出す未知の物質は、非常に高い抗酸化力を持っています。抗酸化力とは、酸化を防止する能力の事です。酸化作用というのは、金属ならば錆の発生、ゴムや皮革製品ならば材質の劣化や表面のつやが無くなるなどの症状、食品ならば腐敗菌の繁殖を意味します。ですから、EM菌が生きた状態のEM1号を噴霧しても良いし、菌を取り除いて濃縮したEM-Xを噴霧しても良いのです。

 昨年の夏、田舎から帰る途中の事ですが、お腹が空いたので高速サービスエリアの屋台で焼き鳥を何本か買って食べましたが、変な味がして、全部捨てました。炎天下で食中毒が発生しないように、防腐剤を噴霧した、私はそう直感しました。おそらく、規定値を超えて大量に噴霧したに違いありません。

 皆さん、御存知かどうか知りませんが、コンビニで売られているおにぎりや弁当、あらゆる食品を調理した後、常識として封をする前に「防腐剤を噴霧」するのです。微量かも知れませんがそうしないと、業者は安心して販売できないのです。

 私は、日本酒が好きですが、防剤入りかどうかすぐに分かります。一口パックの味噌汁の味噌もそうですね。あらゆる食品に添加、また店頭で噴霧されている、この事実を知っておいた方が良いと思います。私はそれを承知で「おいしくいただく」ようにしていますが、本当に無添加のものを食したときは、もっとおいしく感じます。

 しかし、都会では、もう本来の味が無くなってしまったように思います。先日、熊野に帰省し、熊野山中にある娘の知り合いが経営している宿に一泊しました。贅沢なものは一切ありませんが、地元の方の手作りによる料理はこんなにおいしいのだと改めて思い、とても幸せな気持ちになりました。

◆ 複合汚染2

 先日、複合汚染の話をしましたが、現在人類は壮大な実験をしているようなものです。発ガン物質をはじめ、防腐剤、色素、味をよくする添加剤、臭いつける添加剤、ありとあらゆる化学物質を、私達は食物を通して摂取しています。

 それだけではないのです。養鶏所では、早く太る、早く成長するホルモン剤を餌に混ぜています。その薬剤は微量ながら、卵や肉を通して間接的に人間は毎日のように摂取しているのです。

 子供が好きなファーストフード、安くておいしいハンバーガー、これらには食欲がでるようになる、つまり沢山食べたくなるホルモン剤が添加されていると、ある本で知りました。商業主義の恐ろしい一面です。一ヶ月間、それを食したところ、肝臓障害が見られたと報告されています。

 健康に関心があるなら、食物の添加物と含有物質に関する知識、そして体の8割以上を占めている水に関する知識、これを抜きにして健康を語ることはできません。人工的な食品も危険です。しかし、食物に関しては100%無害なものは無いと言っても良いし、また手に入れるのは大変難しい。ここで、EM-Xを体内に摂取すると、肉体は80%以上が水ですから、とてつもない大きな働きをすることになります。

◆ 不思議なEMの波動特性

 EMの創り出す抗酸化物質は一体何なのか、これはまだ良く分かっていないようです。しかし、無味無臭、ただの水に見えます。全く副作用の無い、ただの水に見え、でもただの水ではありません。

 少量のEM抗酸化物質が大きな効果を発揮するのは事実であり、科学的メカニズムを比嘉照夫教授は原子や分子の持つ波動で説明しています。しかし、批判者も多く科学的な定説ではありません。本格的なメカニズム解明はこれから次第に行われていくと思います。

 教授の波動説とはこういう事です。EM菌が造りだした物質の特性として、EM物質が触れた他の物質にEMの働きが伝染するというものです。原子や分子は沢山の自由電子を伴い、高速で振動しており、同時に磁気的な波動を放射しています。EM物質は、他の原子の波動を整え、その性質をEMが持つ特性に変えていくらしいのです。

 この事実を証明するものがあります。EMセラミックスです。EM菌を粘土に混ぜ、700度℃?という高温で焼成します。もちろんEM菌は死んでしまいますが、そのセラミックス・瀬戸物はEM菌の持つ性質を引き継ぐ事がハッキリと分かっているからです。これは既に商品化され、土壌改良材として、建築用コンクリートに混ぜたり、浄水器に応用したり、風呂に入れたり、ご飯を炊くときに入れたり、枕に入れたり、いろいろな使い方ができます。

続く

ランキングUPにクリックの御協力を御願いします。
               ↓
 
http://airw.net/newage/rank.cgi?id=kumano

参考 「七つの封印」 http://www.the-seven-seals.jp/

posted by: 窪田光治 (くぼたこうじ) | 未来技術 | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) |-